野草の紫陽花 クサアジサイ

 林縁の湿った所を散策して、ユキノシタ科アジサイ属タマアジサイ(玉紫陽花)が数株あった。
 球形の蕾はまだ開いていなかったが、その下に小さなアジサイが咲き、ハナアブが蜜を吸いに頻繁に訪れていた。タマアジサイの幼木と思いこんだが、違和感があり図鑑で調べてみた。同じものが見つからず、写真をネットに投稿してお聞きした。一発回答でユキノシタ科クサアジサイ属クサアジサイ(草紫陽花)と判明。樹木ではなく野草の多年草であった。
 真っ直ぐ伸びた茎先に散房花序を出し、中心部にある両性花は大きさ5ミリほどで5弁。外側の装飾花は大きさ15ミリほどで萼片3個が変形したもの。花期は~9月、色は白から淡紅紫。葉は互生で長さ8~20センチの広披針形、葉先が尾状にとがり、鋸歯がある。アジサイ属の葉は対生なのでこの点が大きく異なる。
 携帯やデジカメで撮った花の写真を投稿すると、名前の候補を挙げてもらえるサイトがいくつかある。写真と回答を覗いているだけで、この時期に咲いている花の種類が判る。名前だけの質問から少し突っ込んだ専門的なことまで判りやすい回答が述べられる。植物以外のジャンルのサイトもある。回答者は専門家から愛好家まで多士済々。簡単に投稿できるだけに、無償の回答には礼をもっての返答を心がけることが大事と感じた。
 歩いているだけで靴が濡れるような所で途中から長靴に履き替えて散策した。狭いながらも湿地特有の多様性が見られ、いつもの倍の時間を要して観察した。林縁に分け入っての散策で思いがけないものに出合えるのも市原の自然が豊かな証。いつまでも大切に残したい。

(ナチュラリストネット/野坂伸一郎)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  2.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  3.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  4.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  5.  内房線の八幡宿駅西口から歩いて10分程にある飯香岡八幡宮は、白鳳3年(675)天武天皇の勅命により八幡宮として創建されたといわれています。…
  6.  長南町の野見金山に、全長1.4㎞のトレッキングロード『のみがね峻道』が完成した。地元有志が結成した『のみがね会』が、約4年の歳月をかけ整備…
  7.  秋の深まる足音が日々ゆっくりと近づいてきています。朝早くに犬と散歩するようになってからは、何か危険な物は落ちていないか、注意しながら足元に…
  8.  今年で11年目となるマザー牧場(富津市)のイルミネーション『光の花園』が11/3から始まった。標高300mの『山の上エリア』で、約60万球…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る