野草の紫陽花 クサアジサイ

 林縁の湿った所を散策して、ユキノシタ科アジサイ属タマアジサイ(玉紫陽花)が数株あった。
 球形の蕾はまだ開いていなかったが、その下に小さなアジサイが咲き、ハナアブが蜜を吸いに頻繁に訪れていた。タマアジサイの幼木と思いこんだが、違和感があり図鑑で調べてみた。同じものが見つからず、写真をネットに投稿してお聞きした。一発回答でユキノシタ科クサアジサイ属クサアジサイ(草紫陽花)と判明。樹木ではなく野草の多年草であった。
 真っ直ぐ伸びた茎先に散房花序を出し、中心部にある両性花は大きさ5ミリほどで5弁。外側の装飾花は大きさ15ミリほどで萼片3個が変形したもの。花期は~9月、色は白から淡紅紫。葉は互生で長さ8~20センチの広披針形、葉先が尾状にとがり、鋸歯がある。アジサイ属の葉は対生なのでこの点が大きく異なる。
 携帯やデジカメで撮った花の写真を投稿すると、名前の候補を挙げてもらえるサイトがいくつかある。写真と回答を覗いているだけで、この時期に咲いている花の種類が判る。名前だけの質問から少し突っ込んだ専門的なことまで判りやすい回答が述べられる。植物以外のジャンルのサイトもある。回答者は専門家から愛好家まで多士済々。簡単に投稿できるだけに、無償の回答には礼をもっての返答を心がけることが大事と感じた。
 歩いているだけで靴が濡れるような所で途中から長靴に履き替えて散策した。狭いながらも湿地特有の多様性が見られ、いつもの倍の時間を要して観察した。林縁に分け入っての散策で思いがけないものに出合えるのも市原の自然が豊かな証。いつまでも大切に残したい。

(ナチュラリストネット/野坂伸一郎)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る