抹茶入りのさわやかなパン

 7月8日、ちはら台コミュニティセンターで抹茶入り生地の菓子パンづくりが行われた。講師の高田温美さんは、生地づくりからポイントを丁寧に解説、初心者を含めた60歳以上の参加者15名が美味しいパンを焼いた。
 生地の材料は、強力粉、薄力粉、砂糖、塩、スキムミルク。ゴムベラで軽く混ぜたら、粉の中心を低くし、温水でゆすって溶かしたイースト菌を入れ、周囲の粉を上からかぶせる。「水で溶いた全卵を一気に入れて、粉にベタベタ感がなくなるまでゴムベラで混ぜます。その後は指の腹で、固まりになったら手のひらでこねるとやりやすいですよ」と高田さん。生地を叩く作業はテーブルの上に出してまず10分、バターを混ぜてさらに10分。「ストレス解消にはこの作業が一番!」と言う人も。
 生地が滑らかに、薄く伸びるようになったら抹茶を2回に分けてふり入れ、マーブル状になるようこねる。発酵は35度で30分。強力粉をつけた指をふくらんだ生地に差し込み、開いた穴がそのままなら発酵は終了。スケッパーで同じ大きさに6つ分け、両手のひらで丸めて空気を抜き、生地にラップをふんわりかけて20分休ませる。さらに大きくなった生地を、かのこを折り込んだ三色豆パン、抹茶を混ぜた白あん入りの葉っぱパン、コッペパンの形にした生クリームパンと、めん棒を使いつつ成形。「なかなかキレイにできないので大変」という参加者に、高田さんは「生地はのびるので大丈夫。ただ空気を入れないよう、しっかりとじて」と手伝いながら進めた。40度で20分の仕上げ発酵のあと、葉っぱパンと三色豆パンはハサミで切り込みを入れ、キレイに焼き色がつくよう溶き卵を塗り、180度で10分、焼成する。
 最後に冷めたコッペパン形のパンにV字の切り込みを入れ、ホイップ生クリームを絞り、三色豆パンにかのこを乗せて完成。参加者は「甘過ぎない生地が和洋どちらでも合う」「抹茶のさわやかな香りが美味しい」「キレイに焼き上がってびっくり。忘れないうちに家で作ります」と嬉しそうに試食していた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る