人気公園の秘密?
山里 吾郎

 「なぜ都市公園が?」-。世界最大級の口コミサイト「トリップアドバイザー」で昨年、全国3位に選ばれた「ふなばしアンデルセン公園」を一度、訪れてみたいと思っていた▼テーマパーク部門。1、2位は誰もが納得の東京ディズニー・ランドとシー。4位もユニバーサル・スタジオ・ジャパン。その間に「変哲もない公営の都市公園が…」▼7月中旬の週末、急な用事もあって船橋市を訪れることになった。すると2人の孫が「公園に行こう」。「どこの」と聞くと「アンデルセン」。記憶の片隅に残っていた疑問に、思いがけず解明のチャンスがやってきた▼確かに広い。だが、夢の国のような華やかさはなく、自然に囲まれた総合公園。JR船橋駅からバスで約40分と言うから北部の郊外に位置する。ただ東西南北4カ所のゲートに駐車場があり、入場は実にスムーズ。まずうれしい誤算は一般900円のチケットが65歳以上のシルバーは無料。公営らしい心遣いにまずはニンマリ▼子供たちの目的はプール。夏休み前だったが、猛暑も手伝いまさに人の波。ひとしきり孫との水遊びに興じたあとカメラを片手に園内散策を試みた▼アンデルセンの名称は姉妹都市、デンマーク・オーデンセ市出身の世界的童話作家に由来、園内には立像もある。雄大な自然の中に童話館、子ども美術館、シンボルの風車、カラフルな花々など、何ともメルヘンチックな空間を実感▼「人気の解明」とまではいかなかったが、園内施設の安さに加え救護所の配置、トイレの多さ、ゴミのない清潔さなど他のテーマパークをしのぐ『安心感』が充分。「ぜひ再訪を…」と思った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る