リング上のチェス「ボクシング」
市原市ボクシング連盟

 市原市ボクシング連盟は、昭和50年、市原市アマチュアボクシング連盟の名称で設立されました。2013年に名称が変更され、現在に至ります。活動としてはアマチュアボクシングの普及、(公財)市原市体育協会支援のもと、市民スポーツ教室への講師等派遣で、市民の健康・スポーツ振興に携わっております。
 ボクシングは、幅広く認知されているスポーツですが、2本の腕で相手と殴り合うだけ、と思われていませんか? 2本の腕で相手を殴る=触るというのは、簡単のように見えて難しく、選手は、相手に打たれない(触られない)、相手にパンチを当てる(触る)練習を常日頃しており、イメージトレーニングも欠かせません。例えば鬼ごっこでは、鬼が動く相手に触るために、どのように追いかけ触るかを考えなければなりません。リングの上でも同様で、常に相手との駆け引きが行なわれており、リング上のチェス(日本では将棋)とも表現されます。
 またボクシングは、体重による階級があるウェイト制スポーツ、相手がいるコンタクトスポーツ、相手と健闘を称えあうコミュニケーションスポーツ、自分自身を抑制・管理するメンタルスポーツでもあり、相手選手や運営役員、指導者、サポートされる方に対する礼儀や感謝も重んじています。健康面や安全面も厳しく管理されるので、幼年や小学生から始められ、年齢男女問わずできるスポーツです。興味がある方は、市民スポーツ教室に一度、参加されてみてはいかがでしょうか。
 先日、ブラジルの都市リオにてオリンピックが開催され、日本代表選手も出場しました。今回からルール改正により、男子はヘッドガード(頭部を守る装具)が無くなり、ロンドンオリンピックより激しく、白熱した面白い試合が見られました。
 最後に、市原市から拓大紅陵高校の選手が、今年6月に千葉県習志野市で開催された平成28年度第58回関東高校ボクシング大会において、見事優勝し栄冠に輝きましたことをご報告いたします。これからも市原市ボクシング連盟をどうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る