万華鏡何が見えるかな

 小宇宙とも宝石とも例えられる美しい世界を見せてくれる万華鏡。中に入れた素材が合わせ鏡に映り、繰り返されて無限に続く模様となる。玩具として気軽に遊べるものからアート作品として創作されるものまで、本体の形も素材も多種多様。外光によっても変化するきらめく宇宙は、覗くワクワク感とともに大人も子どもも魅了する。
 7月31日、戸田コミュニティセンター主催事業『夏休み工作教室 万華鏡を作る』が開かれ、小学生18名が参加した。講師は市内在住の陶芸家の葛信一郎さん。付き添いの保護者は子どもたちの周囲で見学した。
 あらかじめ机の上に用意されていたのは、3等分に折り目のついた細長いプラスチックミラー、15センチほどの紙パイプ、アクリルのオブジェクトケース。葛さんは「ミラーを直接触ったらあかんよ」と温かみのある大阪弁で注意し、ミラーを保護する薄いフィルムを「端からそっとはがしてな」と子どもたちに指示をした。現れた鏡面を内側にして、テープで固定。正三角柱になったミラーを紙パイプに差し込んだら、片方の端に丸い穴のあいた紙を貼り、もう片方の端に両面テープでアクリルのオブジェクトケースを固定する。
 「本体ができたら、まず、ケースに入れるおはじきを1個ね」と言われ、子どもたちは講師の前においてある素材を取りに行く。続いて順番にモール、ビーズ、スパンコールも選ぶ。「どれにしようかな」と光る素材を手にする子どもたちの目はキラキラ。試しにケースに入れ、「やっぱりこっち」と取り換える高学年の女の子や、「もっと違う色を入れたら」と熱心に注文を出す保護者もいて賑やか。完成前から、「見て、見て」と嬉しそうに万華鏡を差し出した1年生の男の子は「ヘンテコな生き物が動いているよ」とはしゃぐ。1年生の女の子はクマのスパンコールを入れたが、見えたのは「ウサギとチョウだった」そうだ。
 最後に千代紙を紙パイプに貼り、水玉や動物柄のカラフルなテープで巻いたら出来上がり。低学年の保護者が見かねて、手伝う場面もあったが、葛さんが「誰でも失敗せんように作れる工夫がしてある」と言うだけあって、全員が1時間半ほどで完成させた。4年生の男の子は「また作りたい」と話し、5年生の女の子は「思ったより簡単だった。みんなに見せたい」と笑顔。「携帯電話のカメラで中を撮影できる」と教えてもらった保護者は「きれい」と本体に光がはいるようにして撮影していた。
 「モノ作りの楽しさを伝えたい。今回は一般的な正三角形のミラーだったが、二等辺三角形や底辺のない三角形などを作ると違う世界が見えます」と話す葛さん。素材は入れ替えられるので、松葉や花びらなど自然にあるものも使えるそうだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る