あいさつで明るい市原に

朝のあいさつ運動実施される (写真上↑ 小出市長(中央)と五井小学校の皆さん)

 9月5日から7日、市内JR八幡宿、五井、姉ケ崎の3駅で朝のあいさつ運動が行われた。同運動は市原ロータリークラブ(西村芳夫会長)と認定NPO法人『青葉台さわやかネットワーク』(西原清隆理事長)が市内の小中高校に呼びかけ年に2回実施している。
 通勤通学時間がピークになる朝7時から駅の通路に、五井小学校、五井中学校、千葉県立京葉高等学校、市原中央高等学校、東海大学付属市原望洋高等学校の生徒たち100人以上と市原ロータリークラブ、青葉台さわやかネットワーク、教育委員会の皆さん、小出市長と市の職員、市原警察署の署員も並び、通る人たちに「おはようございます!」と元気良く声をかけた。
 「元気なあいさつで社会を明るくしよう」と2011年から青葉台さわやかネットワークが始めた運動。前回5月には上総牛久駅でも行われた。「この運動が町会単位まで広がり大きな輪になって連絡協議会になれば。今はその基盤づくりですね」と市原ロータリークラブの始関さんは話す。

 各校を代表して1名ずつコメントをご紹介。五井小6年の田中さんは「市原に住んでいる人全員があいさつし合えるような明るい市になればいいなと思います」と笑顔で答え、五井中3年生徒会長の山際さんは「いつも地域の皆さんに支えられ学校生活も送れると思っているので、その恩返しをしたいと思い参加しました」と話した。
 京葉高2年生徒会長のクルスさんは「あいさつは人と人とのつながりで一番大事。市原は外国人が多いので、あいさつにより地域の輪が広がればいいと思います」と、市原中央高2年、インターアクトクラブ会長の大沢さんは「知らない人にもあいさつをしてコミュニケーションをとりたい」、東海大学付属市原望洋高3年生徒会長の中村さんは「あいさつは大事。同校では皆、普段から積極的にするように心がけています」とのこと。運動終了後、小出市長は「今日1日でなく今後も続けてほしい」と激励した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  2.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  3. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  4.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  5.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  6.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…
  7.  来月2月11日(祝)千葉県文化会館で、千葉県在住のふたりの俳優による朗読劇が行われる。出演はプロダクション・タンク所属、見上裕昭さんと、文…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る