あいさつで明るい市原に

朝のあいさつ運動実施される (写真上↑ 小出市長(中央)と五井小学校の皆さん)

 9月5日から7日、市内JR八幡宿、五井、姉ケ崎の3駅で朝のあいさつ運動が行われた。同運動は市原ロータリークラブ(西村芳夫会長)と認定NPO法人『青葉台さわやかネットワーク』(西原清隆理事長)が市内の小中高校に呼びかけ年に2回実施している。
 通勤通学時間がピークになる朝7時から駅の通路に、五井小学校、五井中学校、千葉県立京葉高等学校、市原中央高等学校、東海大学付属市原望洋高等学校の生徒たち100人以上と市原ロータリークラブ、青葉台さわやかネットワーク、教育委員会の皆さん、小出市長と市の職員、市原警察署の署員も並び、通る人たちに「おはようございます!」と元気良く声をかけた。
 「元気なあいさつで社会を明るくしよう」と2011年から青葉台さわやかネットワークが始めた運動。前回5月には上総牛久駅でも行われた。「この運動が町会単位まで広がり大きな輪になって連絡協議会になれば。今はその基盤づくりですね」と市原ロータリークラブの始関さんは話す。

 各校を代表して1名ずつコメントをご紹介。五井小6年の田中さんは「市原に住んでいる人全員があいさつし合えるような明るい市になればいいなと思います」と笑顔で答え、五井中3年生徒会長の山際さんは「いつも地域の皆さんに支えられ学校生活も送れると思っているので、その恩返しをしたいと思い参加しました」と話した。
 京葉高2年生徒会長のクルスさんは「あいさつは人と人とのつながりで一番大事。市原は外国人が多いので、あいさつにより地域の輪が広がればいいと思います」と、市原中央高2年、インターアクトクラブ会長の大沢さんは「知らない人にもあいさつをしてコミュニケーションをとりたい」、東海大学付属市原望洋高3年生徒会長の中村さんは「あいさつは大事。同校では皆、普段から積極的にするように心がけています」とのこと。運動終了後、小出市長は「今日1日でなく今後も続けてほしい」と激励した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  2. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…
  3. 俳画と文 松下佳紀 太陽が沈んでも、まだ明るい夕空。そこに大粒の星がひとつ灯る。一番星だ。それを目敏く見つけた一番蛙が星と目を合わせケロロ…
  4.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…
  5.  先日から、各ニュースで報道されていた『5段階の警戒レベルを用いた避難情報』。国が平成30年7月の西日本豪雨の被害を踏まえ改訂したもので…
  6.  5月2日(木)、市原湖畔美術館で開催されたのは『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020 キックオフイベント』。総合ディレクタ…
  7.  5月12日(日)、ゼットエー武道場相撲場にて市原市民体育大会相撲競技が、市原市相撲協会(藤田明男会長)主管で開催された。当日は小中学校…
  8.  4月27日(土)、有秋公民館主催で行われた『フラワーアレンジ』には7名の男女が集まった。5月12日(日)の母の日を控えていたこともあり…
  9.  市原市在住の大水優香(おおみずゆか)さんは昨年5月から今年3月にかけて、国家プログラムの1つ『日本語パートナーズ派遣事業』によりタイの…
  10.  朝起きてから夜寝るまで、私たちの暮らしは守られています。世界各地からニュースとして入ってくる戦争や内乱、飢餓など、国全体を巻き込むよう…

ピックアップ記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…

イベント情報まとめ

  1. ◆イベント ●山野草即売会 6/23(日) 9〜15時 房総萬華園(多田ビニール内) 落合 tel.090-6310-9251  ●上総国…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る