紅葉と富士見の高尾山 山里吾郎

 2回続けて身近な“市原往来”を綴った。別に出不精になった訳ではない。そこで今回は久々の県外紀行。それも首都圏の人気スポット、東京・八王子の高尾山へ足を延ばした。もちろん一度は行きたいと思っていたし、紅葉狩りへの期待もあった▼今回も“任せて安心”、完璧な計画書を作るリーダーが率いる、町会ハイキングクラブの一員に加わった。昨年11月29日、総勢19人の高尾山行▼午前7時過ぎに五井駅を出発、新宿に着いたのは8時40分。京王線に乗り換え一路、高尾山を目指す。ここではあえてスイカを使わず、ケーブルカー(リフト)料金を含む往復券を購入。2割引のお得券、もちろんリーダーの細かい気配りだ▼好天にも恵まれ、高尾山口は予想通り、大勢の登山客。若干、遅めだが赤や黄色に色づいた紅葉が出迎えてくれた。清滝(山麓)駅からは長い列を作るケーブルカーを敬遠、高所恐怖症を気にしながらもリフトで高尾山(山頂)へ。31.18度、日本一の急勾配を見上げ(たまには見下ろし)ながら約12分の運行を満喫▼ここからはいよいよ健脚を競っての山路。タコ杉やさる園を横目に緩やかな女坂を登り、行基が開山した権現造りの名刹・薬王院を参拝、さらに階段を踏ん張り、約50分をかけて599メートルの山頂にたどり着いた▼ちょうど昼近く、人波でひしめく山頂の絶景ポイントから正面の遠景を見やると美しい富士の雄姿が。さすがは「関東の富士見百景」。カメラのファインダーを覗きながら、「来年の年賀状はこれでいけるかな…」。足場を変えながら何度もシャッターを切った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  千葉市緑区おゆみ野公民館を拠点に活動している『緑区吹奏楽団(MSB)』。愛称は『みど吹(すい)』、設立10周年となる来年2月には、第9回定…
  2.  料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」にある『市原市オッサくんのキッチン』が注目を集めている。市民に親しみをもって利用されるようにと…
  3.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  4.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  5.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  6.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  7. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  8. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  9.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…

ピックアップ記事

  1.  千葉市緑区おゆみ野公民館を拠点に活動している『緑区吹奏楽団(MSB)』。愛称は『みど吹(すい)』、設立10周年となる来年2月には、第9回定…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る