紅葉と富士見の高尾山 山里吾郎

 2回続けて身近な“市原往来”を綴った。別に出不精になった訳ではない。そこで今回は久々の県外紀行。それも首都圏の人気スポット、東京・八王子の高尾山へ足を延ばした。もちろん一度は行きたいと思っていたし、紅葉狩りへの期待もあった▼今回も“任せて安心”、完璧な計画書を作るリーダーが率いる、町会ハイキングクラブの一員に加わった。昨年11月29日、総勢19人の高尾山行▼午前7時過ぎに五井駅を出発、新宿に着いたのは8時40分。京王線に乗り換え一路、高尾山を目指す。ここではあえてスイカを使わず、ケーブルカー(リフト)料金を含む往復券を購入。2割引のお得券、もちろんリーダーの細かい気配りだ▼好天にも恵まれ、高尾山口は予想通り、大勢の登山客。若干、遅めだが赤や黄色に色づいた紅葉が出迎えてくれた。清滝(山麓)駅からは長い列を作るケーブルカーを敬遠、高所恐怖症を気にしながらもリフトで高尾山(山頂)へ。31.18度、日本一の急勾配を見上げ(たまには見下ろし)ながら約12分の運行を満喫▼ここからはいよいよ健脚を競っての山路。タコ杉やさる園を横目に緩やかな女坂を登り、行基が開山した権現造りの名刹・薬王院を参拝、さらに階段を踏ん張り、約50分をかけて599メートルの山頂にたどり着いた▼ちょうど昼近く、人波でひしめく山頂の絶景ポイントから正面の遠景を見やると美しい富士の雄姿が。さすがは「関東の富士見百景」。カメラのファインダーを覗きながら、「来年の年賀状はこれでいけるかな…」。足場を変えながら何度もシャッターを切った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る