着物の古布で縁起物の可愛い尾長鶏を

 着物地の古布で、干支の置物を作る人気の講座が、昨年11月・12月の全3回、八幡公民館主催で行われた。今回は酉年にちなみ、尾長鶏。講師の川井滿智子さんの師によるオリジナルデザインで、講座開催の前に公民館ロビーに飾ったところ、「可愛い」「着物の柄がステキ」と、来館者にも好評だった。
 取材した初日は、参加者20名が細かなパーツ作りを中心に作業。「使う古布は100年以上経つ着物地。薄いので優しく扱ってください」と川井さん。まずはトサカ。赤のしぼり柄の布2枚に裏打ちし、下部の直線の印に白糸を縫い付けて、表から分かるようにしておく。中表に縫い合わせたら、上の波状部分のところに切り込みを入れる。表を出して厚みが出るくらいに綿を詰め、白糸の印に沿って縫いとじて、下全体にも細か目の切り込みを。クチバシは黄色の四角い布を三角形に三度折り、開かないように仮止めする。次に胴体。頭の丸みにトサカの縫い線を合わせ、待ち針を細かく打って仮止めし、クチバシも仮縫いしたら、胴体を中表で縫い合わせる。尾をつける部分と綿を入れる底部分は開けておき、お尻の布も胴体に中表で縫い付ける。
 2日目は、胴体に綿を詰め、底をつけ、ほっぺ部分を塗って乾かし、尾羽の黒布に針金を入れて縫い、ステッチを入れる。3日目に肉ダレを作り、尾羽、羽とともに縫いつけて完成。「切り込みやマチ針を細かく入れるのがキレイにできるコツ。お尻の布があると形もふっくら可愛くなります。尾長鶏は縁起物なので、酉年だけでなく、ずっと飾っておけますよ」と川井さん。参加者は「クチバシとトサカが細かい作業で大変でしたけど、やはり着物地は色味に風合いがあっていいですね」。昨年も参加し、申を作った人は、「どちらも縁起の良いもの。一緒に飾って楽しみます」とのこと。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る