まずは牛久を、そして市原を ラベンダー香る街にしたい

 市内牛久のメインストリートから少し入った住宅地の奥に、昨春『そらたねハーブ農園』がオープンした。オーナーの大鐘実さん(46)は、南総中、鶴舞高校と地元の学校で学び、卒業後は父親と共に、家業であるコンビナート企業での写真撮影の仕事をしていた。しかし、デジタルカメラの時代に入ると仕事の需要が減り、今から10年ほど前、父親は廃業し、大鐘さんはフリーカメラマンに。
 その後、北海道で商品撮影の仕事を約8年したあと市原市へ戻り結婚。幾つかの仕事に就き、ライフワークとして自然を撮影することは続けていたが、20代の頃から好きだったハーブ関係の仕事がしたいとハーブ園や園芸店で働いたのちに独立、開業した。ちなみに、同園のネーミングの由来は、愛娘のそらちゃん(3)の名前から。
 ラベンダーの香りに魅了され、ハーブの世界に引き込まれた大鐘さん、「無農薬で育てているハーブはラベンダーをメインに20品種。栽培した苗の2~3割はイベントで売れ、あとは個人のお客様からオーダーを受けたり、ハーブティー用のハーブはドライにしてカフェに卸しています」とのこと。
 約400坪のハーブ農園には大鐘さんの父親が栽培している野菜畑もある。また、ハーブ以外の草花も見られる。これは、「草むしりから受ける庭づくりのお手伝い」も仕事にしている大鐘さんが顧客から「不要になったけど、処分するには忍びない」と引き取りを依頼された草花。引き抜いて運ぶのを無料サービスで行っており好評だという。更に、こうした草花を欲しがっている顧客に、やはり無料で植えに行ってあげ、喜ばれているそう。
 敷地内にある木製の物置や鉄製バラ用のオベリスクやアーチ、フェンスなどは大鐘さんのハンドメイド。鉄製のものづくりの技術は、「庭仕事の閑散期にやろうと考えて、知人の鉄工所の社長に教わった」とか。
 大鐘さんは「小湊鉄道沿線には夏に咲く花は少ないので耕作放棄地を借り、4月下旬から9月頃までが花期のラベンダーを植え、ラベンダーの香る街にしたい。まずは地元、牛久からスタートさせ、ゆくゆくは市原全体をラベンダー香る街にしたい。市民の皆さんには、庭先でも道端でも使い道に困っている空き地にでもいいから、ラベンダーを植えてもらえたら」。このプロジェクトに賛同・協力してくれる人を募っている。

問合せ 大鐘さん
TEL 090・3579・5145

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…
  2. ◇新型コロナで不審な電話が増加中!  県内の個人宅では、「コロナのことで調べている」という不審な電話が確認されています。市役所職員を…
  3.  2020年は「更級日記」作者・菅原孝標娘(すがわらのたかすえのむすめ)の帰京から1000年。作者は父の上総介(かずさのすけ)任務に伴い、上…
  4.  市原市内の古道に道標を作成・設置し、椎津城跡の整備に協力するなど、文化遺産啓発活動や地域行事に協力を続けている姉崎高校の生徒らが、この…
  5.  サッカー場施設の「市原スポレクパーク」は、子どもから大人までサッカー愛好家が集まる市民・県民のための施設です。広大なピッチはナイター設備を…
  6.  分蜂の季節。ニホン蜜蜂を飼っている者にとっては待ち遠しい、期待に胸膨らむ季節です。桜の花が咲いた2週間後くらいが目安で、偵察蜂が新しい棲み…
  7. 「ダメダメッ、沼の主がいるよ。行っちゃだめー」と、子どもたちが人形に向かって必死に叫ぶ。人形劇『やまなしもぎ』の一場面でのことだ。上演…
  8. ◇多発する車上荒らし、部品盗難に注意!  市原警察署管内では最近、車上ねらいやナンバープレートを狙った部品ねらいの盗難が多発していま…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…

ピックアップ記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る