歌いながら、ゆっくり筋トレを

シニアに最適『はつらつ筋トレ』

 「加齢による筋肉の衰えは、還暦を過ぎると特に感じることが多くなると思います。日常生活の中で、筋肉の衰えから転倒やつまずきにより、ケガや寝たきりになる心配もあります。でも、筋肉の衰えは高齢になっても鍛えれば回復させることができます。若い人たちと同じような運動はできなくても、運動経験の無い方でも、誰でもできて、傷めた手足のリハビリにもなるシニア向けの体操で筋肉を鍛え、元気な日々を送ることが私たちの目標です。ひとりでは続かない運動も、みんなでやれば続けられます。月に3回から4回の活動日ですが、それでも筋肉の回復は認められ、その効果も実感できます」と話すのは、サークル『はつらつ筋トレ』代表・花熊市子さん(68)。
 昨年、開催された姉崎公民館の講座『はつらつ筋トレ教室』に参加した65歳から70代の女性たち12名の有志の皆さんが昨秋発足したサークルだ。弊紙での会員募集で現在は会員数20名。毎月34回、木曜日の午後1時から3時まで、姉崎公民館で活動している。昨年12月、同館で行われた無料体験会を取材した。椅子に座ってホワイトボードに書かれた歌詞を見ながら歌い手足の運動を。花熊さんの墨筆による美しい文字で書かれた歌詞は6曲。『我は海の子』、『富士の山』、『茶摘み』などシニアにはお馴染みの、ほのぼのとした曲ばかり。手と足、交互に重りの入ったバンドを装着し、ゆっくりと動かす。ひとつ200グラムの重りを各々の体力に合わせてバンドに入れる。負荷を大きくしたい時は、重りの数を増やすが、最も重くても1・2キロ、重り6個が最重量。重りは市原市高齢者支援課で無料貸出。加えて運動の記録紙も配布され、毎回、終了後に記入している。
 準備体操からスタートした体操は、約45分かけて6つの体操を6曲に合わせ一通りこなしたところで終了。タオルを使った整理体操後、10分の休憩をはさみ体操再開。6つの体操を繰り返し終了後にもストレッチをして解散。体操は座ったまま、腕を前に上げたり、横に上げたり、椅子から立ち上がり腰を下ろすなど、至ってシンプル。合間に花熊さんの「ゆっく~り立ち上がって、ゆっく~り腰を下ろしてね」などとアドバイスの声が入る。椅子を使ってのストレッチもあり、できない人もいたが、それはそれでいいとのこと。最初から同じようにできなくてもいい。自分のペースで始めることが大事だという。
 代表を任された花熊さんは、書の全国展で準大会賞を受賞し、アネッサ等で書道や毛筆ペンの教室の講師もしているが、運動経験もなかなかのもの。ソフトバレーボールや水泳を長年やっており、今は登山を趣味として、ハイキングクラブにも所属している山女である。すでに会員の方々の中にも「吹き矢やバドミントン、卓球」、「太極拳、ラジオ体操、ウオーキング、ラフターヨガ」、「散歩、ここでの体操を自宅でもやる」等、運動経験の声が聞かれたが、まったく身体を動かしていないという人も多数いた。でも、この体操をきっかけに何か他にも始めてみたいと答えた人も多く、家にこもりがちなシニアには、この「ゆるい体操」が良い刺激になったようだ。
 尚、皆さんの運動の成果は市役所の担当者が3カ月に一度、体力測定を実施しに来てくれるそうで、それもまた励みになることだろう。サークルでは随時、会員募集中。入会金なし、会費は施設使用料の200円のみ。男性も歓迎。

問合せ 花熊さん
TEL 0436・66・2348

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る