3年間のトレーニングが健康な私をつくった

 毎週金曜日、市原市北国分寺台にある公園で早朝から練習に励むのは、市内在住の丸山綾野さん。指導者の梅津行二さんと二人三脚で陸上を始めてから3年が経った。「全盲ではないのですが、先天性の視覚障がいを持っています。点字や耳からの情報で物事を判断しているのですが、5年ほど前から症状が悪くなり、常に霧の中にいるようです」と丸山さんは話すが、伸びた背筋や太ももを高く上げて走る姿に、怖々とした雰囲気はない。
 梅津さんと障がい者向けスポーツ教室で出会い、指導力の高さに感激をした丸山さん。また梅津さんも、当時は極度の前傾姿勢で、左右の手足を同時に出しては歩くだけでもバランスを崩して転ぶ丸山さんの姿を見て心配に。紐で輪を作ってお互いが握り、歩く練習から。運動が得意ではなく、初めは少し走っただけで息が乱れたが、次第に走れる距離が伸び、タイムが縮んでいった。
 雨の日は筋肉トレーニングをして、水曜日は自身で水泳に行くと、体つきまで変わった。「以前持っていたお気に入りの服も着られなくなったんですよ」と笑う。怖がらずに足を前に踏み出せるのも、隣で声を掛ける梅津さんを信頼しているからだ。今では、千葉県障害者スポーツ大会陸上競技100mに出場し約27秒のタイムを記録、全国大会を目指して特訓中。「弱音を吐いても、続ければ壁は乗り越えられるでしょう。冗談を言い合いながら頑張っています」と梅津さん。2人の額を流れる汗は、寒さを感じさせないほど熱意がこもっていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る