市原サービスエリア 和飾りでおもてなし

 「旅の疲れをとってほしい」と市原サービスエリアの公衆トイレを手作りの吊るし飾りや和小物で飾る山田タケ子さん(72)。10年前から清掃員として働いている。「飾りを見るために寄る」、「トイレでお茶が飲めそう」と評判で、投書も多く、本社のネクスコ東日本から表彰された。欲しがる利用者もいて、材料費と送料だけで、団体ツアー客らに何体もまとめて送ったこともある。あげると感謝され、「墓参りのたび、会いに来てくれる母娘もいます」
 さるぼぼ、フクロウ、手毬などを仕事の合間に心を込めて縫う。知り合いに「苦難が去る」ようにとナンテンの枝に9匹の猿をあしらった置物をあげたら「悩みが解決したそうです」。若い頃は百貨店に勤めたあと、会社や居酒屋を経営してきたしっかり者。「出身の秋田県でオーロラやツチノコを見たんですよ」、「55歳から登山をはじめ、日本百名山の半分ぐらい踏破しました」と楽しい会話が途切れない。
 「トイレはいくらきれいにしても1秒後には汚れることもあります。せめて和飾りでほっとして、安全運転に努めてほしいです」と山田さん。清掃員全員で快適な場所づくりに努める市原サービスエリアは他の事業所のお手本となっているそうだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る