市原サービスエリア 和飾りでおもてなし

 「旅の疲れをとってほしい」と市原サービスエリアの公衆トイレを手作りの吊るし飾りや和小物で飾る山田タケ子さん(72)。10年前から清掃員として働いている。「飾りを見るために寄る」、「トイレでお茶が飲めそう」と評判で、投書も多く、本社のネクスコ東日本から表彰された。欲しがる利用者もいて、材料費と送料だけで、団体ツアー客らに何体もまとめて送ったこともある。あげると感謝され、「墓参りのたび、会いに来てくれる母娘もいます」
 さるぼぼ、フクロウ、手毬などを仕事の合間に心を込めて縫う。知り合いに「苦難が去る」ようにとナンテンの枝に9匹の猿をあしらった置物をあげたら「悩みが解決したそうです」。若い頃は百貨店に勤めたあと、会社や居酒屋を経営してきたしっかり者。「出身の秋田県でオーロラやツチノコを見たんですよ」、「55歳から登山をはじめ、日本百名山の半分ぐらい踏破しました」と楽しい会話が途切れない。
 「トイレはいくらきれいにしても1秒後には汚れることもあります。せめて和飾りでほっとして、安全運転に努めてほしいです」と山田さん。清掃員全員で快適な場所づくりに努める市原サービスエリアは他の事業所のお手本となっているそうだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  2.  毎週水曜の11~13時、市原緑地運動公園内の臨海第2庭球場で練習を行うソフトテニス『サラシナクラブ』。今年スタートと新しく、現在会員募集中…
  3. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…
  4. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  5.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  6.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  7.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  8.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る