市原サービスエリア 和飾りでおもてなし

 「旅の疲れをとってほしい」と市原サービスエリアの公衆トイレを手作りの吊るし飾りや和小物で飾る山田タケ子さん(72)。10年前から清掃員として働いている。「飾りを見るために寄る」、「トイレでお茶が飲めそう」と評判で、投書も多く、本社のネクスコ東日本から表彰された。欲しがる利用者もいて、材料費と送料だけで、団体ツアー客らに何体もまとめて送ったこともある。あげると感謝され、「墓参りのたび、会いに来てくれる母娘もいます」
 さるぼぼ、フクロウ、手毬などを仕事の合間に心を込めて縫う。知り合いに「苦難が去る」ようにとナンテンの枝に9匹の猿をあしらった置物をあげたら「悩みが解決したそうです」。若い頃は百貨店に勤めたあと、会社や居酒屋を経営してきたしっかり者。「出身の秋田県でオーロラやツチノコを見たんですよ」、「55歳から登山をはじめ、日本百名山の半分ぐらい踏破しました」と楽しい会話が途切れない。
 「トイレはいくらきれいにしても1秒後には汚れることもあります。せめて和飾りでほっとして、安全運転に努めてほしいです」と山田さん。清掃員全員で快適な場所づくりに努める市原サービスエリアは他の事業所のお手本となっているそうだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る