市原サービスエリア 和飾りでおもてなし

 「旅の疲れをとってほしい」と市原サービスエリアの公衆トイレを手作りの吊るし飾りや和小物で飾る山田タケ子さん(72)。10年前から清掃員として働いている。「飾りを見るために寄る」、「トイレでお茶が飲めそう」と評判で、投書も多く、本社のネクスコ東日本から表彰された。欲しがる利用者もいて、材料費と送料だけで、団体ツアー客らに何体もまとめて送ったこともある。あげると感謝され、「墓参りのたび、会いに来てくれる母娘もいます」
 さるぼぼ、フクロウ、手毬などを仕事の合間に心を込めて縫う。知り合いに「苦難が去る」ようにとナンテンの枝に9匹の猿をあしらった置物をあげたら「悩みが解決したそうです」。若い頃は百貨店に勤めたあと、会社や居酒屋を経営してきたしっかり者。「出身の秋田県でオーロラやツチノコを見たんですよ」、「55歳から登山をはじめ、日本百名山の半分ぐらい踏破しました」と楽しい会話が途切れない。
 「トイレはいくらきれいにしても1秒後には汚れることもあります。せめて和飾りでほっとして、安全運転に努めてほしいです」と山田さん。清掃員全員で快適な場所づくりに努める市原サービスエリアは他の事業所のお手本となっているそうだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…
  2.  12月15日(日)、茂原市市民体育館で、茂原市教育委員会主催の『もばらスポーツフェスティバル2019』が開催された。バレーボールⅤリーグ…
  3. 「ソフトテニス」、以前は「軟式テニス」と言い、日本発祥の伝統的なスポーツです。学校の部活動ではポピュラーなスポーツの一つです。現在は、ジュニ…
  4.  市原市在住の倉持光吉さんは、もうすぐ86歳になる。定年退職後、別の会社に暫く勤めていたが、体調を崩し、医者に診て貰うことになった。「自分…
  5.  ◆自転車の盗難、多発中!  市原警察署管内では自転車盗難が多発中だ。被害の多くは無施錠での駐輪による被害が多数を占め、特に、自宅など持…
  6.  昨年末、JR勝浦駅に誰でも自由に弾けるピアノが設置された。寄贈したのは平野清(きよ)さん。平野さんが長年暮らしたバンクーバーから帰国し、…
  7.  勝浦市にあるSGT美術館(東急ハーヴェストクラブ近く)では、3月29日(日)まで「ユーラシア大陸の美術展~朝鮮半島から欧州」を開催中。高…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  10. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…

ピックアップ記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る