こだわりと思い入れが生むヤフオクで超人気のジオラマ

ジオラマ作家 長嶋淳一さん

 「情景模型」とも呼ばれるジオラマは、展示物とその周辺の環境・背景を立体的に表現したもの。箱の窓から中をのぞくと風景が広がっているように錯覚させる見世物として、19世紀初頭に発明された。その後、1915年にイギリスのバロック博物館が新たな展示手法として採用、日本においては1932年、東京科学博物館に初お目見えし、今や博物館の展示装置として欠かせないものとなっている。
 市原市在住の長嶋淳一さん(59)は、そんなジオラマの世界で全国に固定ファンを持つ作家。ヤフーオークションを中心に販売を行っており、出品すると即、長嶋作品を待っていたファンの間で競りが始まり、落札される。
 「こういうジオラマを作って欲しい、と電話で直接依頼されることもありますが、基本的にお断りしています。自分の作りたいものを作る。だからこそ気合が入るし、愛情や思い入れがつまった作品に仕上がり、それがクオリティにつながるのです」
 現在、『いちはらアート×ミックス2017』(4月8日5月14日開催)のPRツールとして、館山自動車道市原サービスエリアに展示中のジオラマ『小湊鉄道』は長嶋さんの手によるもの。イベント主催者から求められたものが自身の作りたいものと合致したことから引き受けた。
 「一面に広がる菜の花畑の再現は、模型人生で最も大変でした」。いかにリアルにいかに見栄え良くするかに徹底的にこだわり、材料や着色方法等々、連日試行錯誤を繰り返したからだ。「菜の花だけで、要した期間は半月余り。材料費もかなりになったし、市原市民としてボランティアみたいな気持ちで取り組みました」と笑う。
 生まれも育ちも市原市という長嶋さん。営んでいた印刷業の規模を縮小することとなり、4年程前「昔から好きだった」ジオラマを製作してヤフオクに出品したところ想像以上の価格で売れたことがきっかけで、『Risa工房』の名で本格的に事業化した。ちなみに、工房は娘さんの名前から命名。りささんは、女性らしい細やかさでジオラマのベンチなどのパーツ作成を時折お手伝い。「杉の木1本50円で請け負う」という仲良し親子だ。
 『小湊鉄道』に代表されるように、長嶋作品のメインは鉄道系ジオラマ(150分の1)。現地取材を行ったうえで製作する実在風景から始め、これまでに、独自の世界を表現する架空風景へと幅を広げている。材料は、アマゾンの他、百円ショップ、模型専門店と様々に巡り調達。輸入品も含め多種多様なものを購入し試すなかで、着色、汚しの入れ方、接着剤の入れ方などにも独自の手法を生み出し、作るたびにその質がアップしているという。
 最も多いサイズは、90センチ×45センチ。製作期間は早いもので1週間、大作で1カ月位となり、月平均2つを製作。長嶋さんの名前だけで、ヤフオクでは通常のジオラマより高値がつけられるというのはその質の高さを如実に物語っている。長嶋作品のコレクターからは、これまでに集めたジオラマをつなぐために段差と奥行を合わせた真ん中のジオラマを作って欲しいとのリクエストも寄せられるようになってきた。
 「とにかく楽しんで製作している」と長嶋さんは言う。「材料の調達から仕上げまで苦労と思ったことはない」というジオラマに対する愛情で、次なる目標として、兵庫県の餘部鉄橋を2mサイズで製作することを掲げている。

問合せ Risa工房
http://risa1163.web.fc2.com

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…
  2.  最近、街中の池でもよく見られるようになったオオバン。白色の嘴と額以外ほぼ全身黒色をした全長36センチ位の水鳥である。全身に斑や縞模様等が少…
  3.  古いレトロな郵便局の建物を活かし、まちづくりや育児サークルの活動、ギャラリーなどに使えるレンタルスペース『ギャラリー・プロジェクト長南』。…
  4.  千葉県内各地で福祉施設の運営を行っている社会福祉法人佑啓(ゆうけい)会。平成5年に市原市で開所した知的障害者施設・ふる里学舎をはじめ、通所…
  5.  以前、八十三歳になる恩師が、「出来の悪い子ほど親孝行。自分の足りなかったところを教えてくれた」と、我が子の子育てを振り返られて仰っていまし…
  6.  7月の日曜日の午後のひととき、上総更級公園の公園センターで、ハーブの活用法「ハーブクラフト」講習会が開催された。参加費、材料費は一切無料。…
  7.  新型コロナウイルスの感染拡大と昨年の台風被害から、今年は多くのイベントが中止。緑豊かな里山に囲まれた長柄町でも、多くの農園や組合、工房など…
  8.  新しい地図エンタテイメント『地図で楽しむ本当にすごい千葉』が宝島社より刊行! 著者の『都道府県研究会』は、最新データを駆使して47都道府県…
  9.  関東鉄道協会主催、鉄道沿線地域の活性化に寄与しようと開催されているスタンプラリー。第10回となる今年は、関東を「東京」「千葉」「埼玉・群馬…
  10.  #牛久にカフェを作りたいんだ…発起人たちの思いがそのまま屋号になったカフェスタンドが、3月、小湊鉄道上総牛久駅駅舎にオープンした。発起…

ピックアップ記事

  1.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る