皆さんこんにちは!今日はヨモギについてお話します。ヨモギは古代から身体を浄化する薬草として、世界の各地で使われてきました。日本でも春になると、土手や野原などあちこちで可愛い新芽が顔を出しています。ヨモギは食物繊維やクロロフィル、カロテン、ビタミンKなどを豊富に含み、抗アレルギーや、整腸作用、呼吸器疾患、婦人科の病気に対して効果があると言われています。お灸の原料としても有名ですね?
それでは今回はヨモギを使って、パウンドケーキを作ってみましょう。
・材料
ヨモギ(生の葉)50g、薄力粉250g、バター90g、黒砂糖170g、牛乳200ml、卵3個、ラム酒 少々、ベーキングパウダー小さじ2
・作り方
①ヨモギの新芽はアクが無いので沸騰したお湯で1分ほど茹で(成長したものはアクが強いので塩、重曹を加えた沸騰したお湯で2分ほど茹でる)、冷水に浸した後よく絞っておく。
②ヨモギと牛乳をミキサーに入れ、ピューレ状にする。
③大きめのボウルに室温に戻しておいたバターを入れ、ハンドミキサーでクリーム状にした後、黒砂糖、溶き卵を少しずつ加えて混ぜ合わせる。
④③に、②のヨモギピューレとラム酒を加え、更に混ぜ合わせる。
⑤④にあらかじめ振るっておいたベーキングパウダー、薄力粉を一気に入れ、ゴムベラで下から生地を返すように優しく混ぜる。
⑥20㎝の型なら1本、17㎝の型なら2本に⑤の生地を流し込み、190℃に熱しておいたオーブンで40分ほど焼いて出来上がり。
*余計なものが一切入っておらず簡単に作れて、しかもとっても美味しく健康的です。クリームを添えるとなおgood!
皆さん、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

長谷川良二。
市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る