皆さんこんにちは!今日はヨモギについてお話します。ヨモギは古代から身体を浄化する薬草として、世界の各地で使われてきました。日本でも春になると、土手や野原などあちこちで可愛い新芽が顔を出しています。ヨモギは食物繊維やクロロフィル、カロテン、ビタミンKなどを豊富に含み、抗アレルギーや、整腸作用、呼吸器疾患、婦人科の病気に対して効果があると言われています。お灸の原料としても有名ですね?
それでは今回はヨモギを使って、パウンドケーキを作ってみましょう。
・材料
ヨモギ(生の葉)50g、薄力粉250g、バター90g、黒砂糖170g、牛乳200ml、卵3個、ラム酒 少々、ベーキングパウダー小さじ2
・作り方
①ヨモギの新芽はアクが無いので沸騰したお湯で1分ほど茹で(成長したものはアクが強いので塩、重曹を加えた沸騰したお湯で2分ほど茹でる)、冷水に浸した後よく絞っておく。
②ヨモギと牛乳をミキサーに入れ、ピューレ状にする。
③大きめのボウルに室温に戻しておいたバターを入れ、ハンドミキサーでクリーム状にした後、黒砂糖、溶き卵を少しずつ加えて混ぜ合わせる。
④③に、②のヨモギピューレとラム酒を加え、更に混ぜ合わせる。
⑤④にあらかじめ振るっておいたベーキングパウダー、薄力粉を一気に入れ、ゴムベラで下から生地を返すように優しく混ぜる。
⑥20㎝の型なら1本、17㎝の型なら2本に⑤の生地を流し込み、190℃に熱しておいたオーブンで40分ほど焼いて出来上がり。
*余計なものが一切入っておらず簡単に作れて、しかもとっても美味しく健康的です。クリームを添えるとなおgood!
皆さん、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

長谷川良二。
市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る