房総往来

鎌倉のメルヘン 山里吾郎

住みたい“と思うまちの一つが鎌倉だ。「頼朝伝説」「鎌倉道」を持ち出すまでもなく房総との縁が深い。個人的にも人との交わりで、忘れてはならない地になっている。一昨年、鎌倉の地に眠る友のことを書いた。今回は幼少期を過ごした長崎から繋がる人との縁で、北鎌倉を旅した▼長かった桜がようやく終わりかけた4月下旬、午前7時過ぎに五井駅から内房線直通の横須賀線に乗り込んだ。せわしげな通勤客を横目に、乗り換えなしの快適な車窓を眺めながら約2時間の旅程▼お目当ての『美術館開館までは少し時間があるな』と思いながら北鎌倉駅を降りると、すぐに円覚寺の山門が目に飛び込んできた。北条時宗が創建した臨済宗本山。今も「心の寺」と呼ばれる古刹をまずは拝観。そこから線路沿いに歩いて約10分、目的の「葉祥明美術館」はひっそり、樹木の中に佇んでいた▼葉さんは熊本市の出身。日本ばかりでなくイギリス、フランス、カナダなど世界で作品を発表している絵本作家。「隠れ家のような美術館が北鎌倉にあるよ」と聞き、「ぜひ訪ねたい」と以前から思っていた▼幼少期に過ごした長崎には家族同様に育った兄“がいる。3年前に訪ねた長崎で、葉さんがこの兄嫁の実弟であることを聞いた。「素敵な作品なの。一度見に行って」▼美術館ではちょうど「赤毛のアン」を題材にした原画展が開かれていた。抜けるような青空に緑と黄色の草原。小説の一こまをそのまま切り取ったように、どの色も淡く繊細、まさにメルヘンの世界だ。『また大好きな作家が1人増えたなぁ。今度はぜひ本人にお会いして…』。心からそう思った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る