いちはら有志の会、本の寄贈で感謝状

 東日本大震災以来、被災地のいわき市を中心に支援を継続してきた『いちはら有志の会』。毎年3月11日、いわき市久之浜で行われる追悼花供養に合わせ、鶴舞桜が丘高校の生徒が育てた花を会場に届ける支援を実施している。
 さらに今年は、『いわき市青少年育成市民会議 久之浜・大久地区協議会』の依頼で、幼稚園小学生用の本を集め、供養の花とともに現地に届けた。「最初は、市原市中央図書館から800冊位いただき、2000冊を目標にしていました。シティライフなどで募集をかけ、最終的には1万冊近く集まって、とても驚きました。持参してくださった方も多く、大変ありがたかったです」と代表の藤田さん。
 当日は、本の輸送用に箱トラックを1台借り、目一杯積んで持って行った。到着すると地元の消防団員が待機しており、皆で本を降ろしたという。寄贈本の一部は、新しく建てられた久乃浜ふれあい館に置かれ、協議会から有志の会へ感謝状も贈呈された。協議会では順次、本の仕分けをし、町内の各幼稚園・学校・図書室などへ分けていくそうだ。
 「子ども用の本が、寄付でこれだけ集まるのは凄いことで、普通は集めるのに苦労すると、いわき市の方も仰っていました。皆様のおかげです。ありがとうございました」と藤田さん。有志の会としては、震災発生から七年が経過し、これからの大規模な支援活動は縮小するが、何らかの形で携わりたいと考えている。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る