ゾウ教頭 熱く語る

 アートミックス会期中、IAAES(旧里見小)にて現代美術家の開発好明さんによる『里見100人教頭学校キョンキョン』全84講座の一つが4月22日に開かれた。「言葉の通じない動物より人間を使いこなす方が大変」と、生徒として参加した約20名を笑わせたのは『ぞうさん教頭』こと、市原ぞうの国園長の坂本小百合さん。『私に触れたゾウたち』の演題で授業を行った。
 飼育場を持つ動物プロダクションとしてスタートした同園。1989年、「出番を待って一日中檻にいる動物たちをハッピーにしたかった」と市原市で動物園事業をはじめた。育児放棄された子ゾウの結希に乳を与えた母ゾウのプーリ。誕生時に立てず一度は死を覚悟したラージャ元気。坂本さんは、動物たちが園に来た経緯やTVやイベント出演時の出来事、ゾウ使いとの度胸のあるやり取りなどを語った。
 「過酷な環境のサーカス団や動物公園にいた子もいる」そうで、2005年には「老ゾウを自然の中で過ごさせたてあげたい」と『勝浦ぞうの楽園』を作った。「だってかわいそうじゃない」ときっぱりという坂本さんの話に、生徒たちはしんみりしたり、笑ったり。
 4月末、ゾウ舎の火事や息子の死など多くの困難を乗り越えてきた半生を綴った『小百合物語 続・星になった少年』を光文社より出版した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る