ゾウ教頭 熱く語る

 アートミックス会期中、IAAES(旧里見小)にて現代美術家の開発好明さんによる『里見100人教頭学校キョンキョン』全84講座の一つが4月22日に開かれた。「言葉の通じない動物より人間を使いこなす方が大変」と、生徒として参加した約20名を笑わせたのは『ぞうさん教頭』こと、市原ぞうの国園長の坂本小百合さん。『私に触れたゾウたち』の演題で授業を行った。
 飼育場を持つ動物プロダクションとしてスタートした同園。1989年、「出番を待って一日中檻にいる動物たちをハッピーにしたかった」と市原市で動物園事業をはじめた。育児放棄された子ゾウの結希に乳を与えた母ゾウのプーリ。誕生時に立てず一度は死を覚悟したラージャ元気。坂本さんは、動物たちが園に来た経緯やTVやイベント出演時の出来事、ゾウ使いとの度胸のあるやり取りなどを語った。
 「過酷な環境のサーカス団や動物公園にいた子もいる」そうで、2005年には「老ゾウを自然の中で過ごさせたてあげたい」と『勝浦ぞうの楽園』を作った。「だってかわいそうじゃない」ときっぱりという坂本さんの話に、生徒たちはしんみりしたり、笑ったり。
 4月末、ゾウ舎の火事や息子の死など多くの困難を乗り越えてきた半生を綴った『小百合物語 続・星になった少年』を光文社より出版した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  2.  毎週水曜の11~13時、市原緑地運動公園内の臨海第2庭球場で練習を行うソフトテニス『サラシナクラブ』。今年スタートと新しく、現在会員募集中…
  3. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…
  4. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  5.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  6.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  7.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  8.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る