マナーとエチケット
市原市アマチュアゴルフ協会

ゴルフ競技の大きな特徴は、通常レフリーが立ち会わないことです。それは基本的な考え方に、「ゴルファーの中には故意に不正を働く者はいない」があるからです。ゴルフ規則第1章エチケットにはコース上での心得、他のプレーヤーに対する心配り、プレーのペース、コース上での先行権、コースの保護が書かれています。ぜひ一読されて、プレーヤーが審判員であることを常に心に留めてプレーしてください。
1、クラブハウス:クラブハウス内では脱帽し、レインウェアは脱ぎ、靴の汚れを取ってから入室し、洗面所では使用後よくふき取っておきましょう。
2、スタート前の持ち物:ポケットにスコアカード、ボール、予備ボール、ティ、ボールマークを用意して、スタートしましょう。
3、ティーインググラウンド:ティショットを打つ人の独壇場です。他の人はティーインググラウンドの外で待ちましょう。
4、フェアウェイ:ディボットをとったときには芝の保護と後続者のことを考慮し、責任を持って埋めるようにしましょう。ディボットをディボット跡に戻し、目土を入れるのはプレーヤーの責任と心得ましょう。
5、バンカー:バンカーに入る時はボールに近く、しかも低いところから入り、入口が出口となります。レーキは後続者が不利にならないように注意しましょう。
6、グリーン:グリーンに上がるときは、パターとグリーンフォークを持ち、まずボールマークを補修します。旗やクラブはグリーンの外に置くか、内側に置く場合はグリーンを傷めないよう静かに置きましょう。最初にホールアウトした人が旗竿(ポール)を持ち、同伴者がパットを構えたら動かない。ラインの前後に立たない。ライン上に自分の影がかからないようにすることはマナーです。
7、プレーの進行:今では日本の多くのゴルフ場がカートを導入し、セルフプレーも増えています。ゴルフ事情は昔と変わっておりますが、速やかなプレーというスタイルは変わっておりません。
是非、プレーしてみてください!

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る