地球の辺境で見える風景とは

 12月28日(木)まで市原湖畔美術館で開催されている石川直樹展『この星の光の地図を写す』。石川直樹さんは世界をフィールドに冒険する写真家で、日本写真協会新人賞や講談社出版賞など受賞した他、著書も開高健ノンフィクション賞の『最後の冒険家』やヒマラヤの8千m峰に焦点を当てた写真集シリーズなど多数。
 同美術館では、展示室3つという広いスペースを使用して約260枚の写真を展示。企画担当の渡辺文菜さんは、「世界の辺境を冒険し写真に収めているので、普段見られない風景ばかりなのが魅力です。ぜひ直接ご覧ください」と話す。
 1997年から10年間にわたり訪れたアラスカ、カナダ、ノルウェーの北極圏で見た動物解体作法など生きるための技術。ニュージーランド北東に先住するマオリ族の聖地である原生林。岩絵に表れる、古代の人々の発想とその技法。石川さんの見た世界が凝縮された写真の他、世界第2の高峰で最も登ることが難しいとされるカラコルム山脈へアプローチした時の映像が音声と共に流れている一角も。
 神奈川県から訪れた男性は、「写真集も何冊か見たことがあるくらいのファンです。やっぱり男の憧れですね」と話しながら、ゆっくりと館内を見て回る。展示室には、『辺境』や『地図上の線』について石川さんの著作からの抜粋テキストも飾られていて、より世界観を広げてくれるようでオススメだ。

月曜休館(祝日の場合は翌火曜)。入場料一般800円、大学生とシニア600円。開館時間平日10~17時、土曜9時30分~19時、日祝9時30分~18時。
問合せ 市原湖畔美術館 
TEL 0436・98・1525

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る