調べ、考え、自分の言葉で表現することに挑戦してみて

 昨年11月23日(祝)、市原市民会館で開催された『子ども白熱会議in市原2017』。市原で子ども学習教室を運営するマナビオと一般社団法人自立学習推進協会が市原市教育委員会後援の元で行った同イベントに小学生が集まった。マナビオ代表の松山達也さんは、「日本人は人前で自分の言葉で話すことが苦手だとよく言われます。グローバル化する社会で生きていくには、意見を的確に、そして分かりやすく伝える力がさらに必要です」と話す。 
 観客の前で見知らぬ同世代の相手と同じテーマについて異なる意見と想いを交わすという、小学校という日常では体験することのない挑戦の場。事前のビデオ審査を通過したメンバーがテーマについて熱く意見を交わした。2部構成のうち、高学年のテーマは『人工知能がする方がいい仕事と人間がするべき仕事の違いは何か?』。子どもたちが人工知能でいいとあげた仕事は、ボディガードや将棋ゲームの相手、塾の講師など。反対に、人間がすべき仕事は子育てや料理、政治など。「学校の先生は感情を見せてくれる人間の方がいい。政治も、人工知能が会議をしても合理的結論だけが出てしまいそう」、「赤ちゃんが泣いたときに何をして欲しいのか感じることができるのは人間だと思う」と、鋭い洞察力を見せる3名の子どもたち。松山さんは、「子ども達は、自分にとってメリットのないことは機械、あることは人間と無意識、そしてシビアに線引きしている」と、会議の進行をサポートした。
 高学年より白熱したのは低学年5名。『なんでもできるお手伝いロボットにお願いして良いこと、悪いこと』を議論した。「楽しいことは人間がやるべき」、「すぐに忘れちゃうから、探し物をして欲しい」、「大事なものを捨てられちゃうから掃除は人間」など、意見は尽きない。それでも、「介護や育児はコミュニケーションが大事だから、人が毎日することで分かることが多い」と、大人顔負けの意見も飛び出した。
 計算や利便性、数々の思惑を差し挟まない子どもたちの真剣かつまっすぐな言葉。審査員の元小学校校長の古滝正治さんは、「成長するにつれ相手の顔色をうかがって意見を言えなくなります。みなさん、家で子どもたちの意見を聞き、どうしてなの?と問いかけてあげてください。子どもの表現力が益々高まりますよ」と語った。「私も見ていて緊張しましたが、引っ込み思案の子どもがきちんと意見を言っていてホッとしました。この経験がどこかでいきるといいと思います」と来場した保護者も笑顔で話した。

問合せ マナビオ
TEL O436・26・5267

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る