亡き隊員に捧げた楽曲

      写真上↑ 小倉さん夫妻

 昨秋、市原市市民会館にて第39回千葉県消防音楽隊フェスティバルが開催された。フィナーレを飾った曲は『宝島』。市原市消防音楽隊が千葉市、習志野市の消防音楽隊、特別出演の東海大学付属市原望洋高校吹奏楽部・バトン部の協力を得て演奏すると、聴衆から感動の大きな拍手が起こった。
 「私たち家族のための演奏のようで、驚きと嬉しさでいっぱいでした」と話したのは小倉春男さん(66)江身子さん(58)夫妻。母方の姓を継いだ次男森田康禎さんは、音楽隊に入りたいと消防隊員になったが、9年前の10月7日、4年間の闘病の末、悪性黒色腫によって27歳で永眠した。会場には森田さんの妹、闘病中に結婚した妻と亡くなる1カ月前に生まれた9歳の息子もいた。
 小倉さん一家を招待したのは音楽隊隊長の池田直人さん。「ある日、サックス担当の森田隊員が木更津高校吹奏楽部時代に使った『宝島』の楽譜を演奏したいと強く希望し、持ってきました」と当時を思い返すように語る。「難しい曲なのでその時はあきらめ、いつか演奏しようと約束しました」。昨年、久しぶりに市原市でフェスティバルが開催されることになり、「市原市でやるのなら」と思い切って最後の曲に選んだ。
 今回初めて森田さんの遺志を知った小倉さん夫妻。毎年命日になると墓前にビールを供えてくれていたのも池田さんらだと分かった。秋の演奏会前に必ず墓参りをしてくれていたのだ。「ずっとどなたかわかりませんでした。息子を忘れずにいてくれて感謝しています」と目を潤ませていた。

音楽隊隊長 池田さん
小倉さん夫妻

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る