亡き隊員に捧げた楽曲

      写真上↑ 小倉さん夫妻

 昨秋、市原市市民会館にて第39回千葉県消防音楽隊フェスティバルが開催された。フィナーレを飾った曲は『宝島』。市原市消防音楽隊が千葉市、習志野市の消防音楽隊、特別出演の東海大学付属市原望洋高校吹奏楽部・バトン部の協力を得て演奏すると、聴衆から感動の大きな拍手が起こった。
 「私たち家族のための演奏のようで、驚きと嬉しさでいっぱいでした」と話したのは小倉春男さん(66)江身子さん(58)夫妻。母方の姓を継いだ次男森田康禎さんは、音楽隊に入りたいと消防隊員になったが、9年前の10月7日、4年間の闘病の末、悪性黒色腫によって27歳で永眠した。会場には森田さんの妹、闘病中に結婚した妻と亡くなる1カ月前に生まれた9歳の息子もいた。
 小倉さん一家を招待したのは音楽隊隊長の池田直人さん。「ある日、サックス担当の森田隊員が木更津高校吹奏楽部時代に使った『宝島』の楽譜を演奏したいと強く希望し、持ってきました」と当時を思い返すように語る。「難しい曲なのでその時はあきらめ、いつか演奏しようと約束しました」。昨年、久しぶりに市原市でフェスティバルが開催されることになり、「市原市でやるのなら」と思い切って最後の曲に選んだ。
 今回初めて森田さんの遺志を知った小倉さん夫妻。毎年命日になると墓前にビールを供えてくれていたのも池田さんらだと分かった。秋の演奏会前に必ず墓参りをしてくれていたのだ。「ずっとどなたかわかりませんでした。息子を忘れずにいてくれて感謝しています」と目を潤ませていた。

音楽隊隊長 池田さん
小倉さん夫妻

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る