富士山を望む城跡に

 竹や草木が生い茂った藪に覆われ、この辺りらしいけど、一体何がどこにあるかわからないという城跡は少なくない。そんな史跡のひとつが住民の手で蘇りつつある。昨年3月、県指定文化財の史跡になったのを機に、「椎津城跡を富士山の見える広場にしよう」と椎津七町連合会がふるさと文化課のサポートを受け、整備をしている。会長の田丸榮一さんは「東京湾や夜景の楽しめる場所にしたい」と誇らしげに計画を話す。
 千葉県の重要な軍事的拠点として東京湾を一望できる台地に築城された椎津城。戦国大名北条氏と里見氏の領国の境目にあり、かつて何度も激戦があった。海側に大手口があり、陸側に舌状台地を横切るように、県内有数の規模の堀切がある。市職員の櫻井敦史さんと北見一弘さんは「いくつもの史料に記録が残っています」とその価値を説明する。
 整備は住民自らが構想を練り、自然に親しめる竹林や遊歩道、戦乱の歴史を感じさせる大堀切や臨海部の眺望などを創り出している。櫻井さんは「しだいに風格ある全容が見えてきました。完成すれば多くの人が訪れる場所になります。いずれ地元を愛する有志が案内してくれるかもしれません。今後の市民による史跡整備の草分け的存在になるでしょう」と期待している。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る