障がいを負ったからこそ見えた光とは

イラストレーター 前田健司さん

 市原市在住の前田健司さん(45)は、自宅のパソコンに向かいながら体調の許す限りイラスト制作に打ち込む日々を送っている。作品は鮮やかな色の動物や花、そして人物や風景まで様々。どのイラストからも音声が聞こえてきそうなほど生き生きとした姿が描かれている。
 だが、その制作風景に目を見張る。車椅子に座った前田さんが口を使い、慣れた様子でパソコンを操作して描いているのだ。彼が頸髄損傷を負ったのは2009年3月のことだった。「私は東京生まれなのですが、20代前半からずっとサーフィンにはまって千葉に毎日のように波乗りに来ていました。当時、首都高のメンテナンスをする会社にいたんですけど、夜7時くらいから夜中3時まで働いて、そのまま海に来て4時間ほど波に乗って、帰って夕方まで寝るという生活だったんですよ」と、健司さんは振り返る。
 妻の千佳子さんと出会い、結婚してから回数は減ったもののサーフィンを愛する気持ちは変わらなかった。「彼が事故に遭った時、娘は9カ月でした。出掛けてから3時間くらいしたら携帯が鳴って嫌な予感がしましたね」と言う千佳子さん。「波から落ちて、海底の岩に首の後ろをぶつけたんですね。一瞬痛みはありましたけど、大抵じっとしていれば海面に浮くので慌てないんです。でもその時は、自力で海面に顔を出せず焦りました」と、当時の記憶は生々しく残る。  近くにいたサーフィン仲間などに救助され、そのまま君津中央病院へドクターヘリで搬送された。レントゲンの結果、首の骨がずれ、神経も断絶していることが発覚。手術をしたものの、初めは自発呼吸さえ難しい状況が続いた。食事は管を通して胃に流し込み、痰の吸引を何度も繰り返す。「その後、半年ごとに千葉県内のリハビリセンターや病院へ転院を繰り返しました。でも、私のような首から下が全く動かない重度の頸髄損傷患者を受け入れた経験は浅いようで、充分と言えるリハビリはどこに行っても受けられませんでした」と話す健司さんは、当時絶望の淵にいたという。
 不自由な身体での未来を想像できず、医師にはうつ病と診断され、千佳子さんに死を願う言葉を放つことが何度もあった。そんな中、家族を守ろうと千佳子さんが勧めたのは大分県別府市にある国立の重度障害者センターへの入所だった。

絶望からの転機

 「最初は嫌々でしたね。友達もいないし、遠いし。でも行ってすぐにカルチャーショックを受けました。そこは病院ではなく、自立訓練施設だったんですが、リハビリ環境も万全で、自分より年上の人が頑張っている姿は衝撃!」だったとか。開催されるパソコン教室でワードやエクセルの資格を取得し、事故から約2年後の2011年1月、初めてワードソフトで描いたのはチューリップの花だった。離れて暮らす千佳子さんや娘さんを喜ばせようと、枚数を重ねていく。 
 その手法は、「写真やイラストを画像で貼りつけてなぞっていく感じ」といい、今でこそ口でのパソコン操作は慣れたが、初めはメール2行に20分位かかったとか。だが、学生時代に漫画を読み描きするのが好きだったという健司さんには、とてもマッチした気持ちのリハビリだった。平成23年に『第30回肢体不自由児・者の美術展』に応募したイラストが佳作賞を受賞した頃には、「絵で頑張ってみようかな」と気持ちが前を向けるように変化していた。
 その後、市原市へ戻った健司さんは、デイサービスに通い、家族やケアセンタースタッフの手を借りながら生活し、体調のいい時は毎日3時間ほどパソコンに向かう。今までにフェンシング大会のバックボードイラストや書籍の裏表紙、短編アニメーションのイラストを無料で提供してきた。また、昨年3月よりフェイスブックに投稿し続けたイラストが認められ、現在は大手マネジメント会社であるエイベックス株式会社と契約し、アーティストとして制作できる環境になった。
 「娘は小学4年生になりました。娘の学校の広報誌の一部を制作したり、知人から絵を描いて欲しいと言われたり、頼られることがこんなに幸せとは思っていませんでした。これからは、娘がどこにでも連れて行きたい!と誇ってくれるような父親になることが目標ですね」と健司さんは語った。詳細は問合せを。

問合せ 前田さん
kanon615love@yahoo.co.jp
https://www.facebook.com/maedakenjiart

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…
  2.  平成の時代は、震度7を記録した大地震が日本で何度も起きている。阪神・淡路、新潟県中越、東日本、熊本、北海道胆振(いぶり)東部。さらに関東…
  3. 俳画と文 松下佳紀 出たばかりの春の満月は手を伸ばせば届きそうな近さと異様な大きさを見せる。家並みや山陰から音もなく浮かび上がってくる赤…
  4. 〜春の嵐の中にも恵みがある〜  このコラムを書いた日は、とても風の強い日でした。風の中を歩きながら、「風は空気があるということだから、あり…
  5.  袖ケ浦市在住のすがみほこさんは切り絵作家として、名刺やウェルカムボード、店舗利用デザインを制作して日々精力的に活動中。また、amimum…
  6. 現在、歯科保健の分野では、高齢者においても歯の喪失が10歯以下であれば食生活に大きな支障を生じないとの研究に基づき、生涯にわたり自分の歯を…
  7. イソヒヨドリ  「ツツ ピーコ、ピィー」と高く澄んだ心地よい美声。かなり前に沖縄で、初めてこの鳴き声を聞いた時、観光案内のバスガイドさんの…
  8. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  9.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  10.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…

ピックアップ記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る