水中のハンター タイコウチ

水中のハンターと言うとタガメの名前を挙げる人が多いと思います。しかしながら、千葉県ではタガメは最重要保護生物とされ発見が困難。それ以外の代表的なハンターというとタイコウチでしょうか。最近数を減らして、なかなか見ることができませんが、里山の水草の繁茂する池や、流れの緩い小川を探索すると見つけることができます。体長が3~3.5cm、カメムシ目に分類される水生昆虫で、確かに、カメムシの体を縦に伸ばしたような体系にも見えなくはないです。大きな鎌のような前足が特徴で、それが太鼓をたたいているように見えるのが名前の由来になったと言われています。その前足でオタマジャクシ等の生きた水生生物をとらえて食する肉食系の昆虫です。獲物をとらえると口針を刺して消化液を注入し、獲物を消化したのち吸収する対外消化を行います。尻部には、呼吸官があり、これを水面に出し呼吸します。呼吸官の先端のみを水面に出して、体全体を沈めて獲物が来るのをじっと待ち、一瞬にとらえる様は圧巻です。まさに、水中のハンターです。
気になるのは、数年前まで生息していたいくつかの場所で観察できなくなったことです。要因は様々だと思いますが、彼らの生息できる環境を維持継続することが必要です。

ナチュラリストネット 岡 嘉弘

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る