高齢者が笑顔で生きる社会を 第1回イベントを開催

 平均寿命が長い日本。超高齢社会と言われて久しく、様々な問題があるとされています。長生きしても誰もが歓迎される社会とはどんな形なのか、単なる高齢者ではなく『幸齢者』となるにはどうしたらよいのか。それぞれが生きがいを見つけ、必要とされる社会を考えるためのイベントが、10月8日(祝)、市原市市民会館で開かれます。
 主催は『みんなが笑顔で生きる会』。理事長の小野俊雄さんも、68歳の高齢者です。「これまで年1回市内各地で開催されていた敬老会が、今年から取りやめになりました。確かに皆で集まって楽しく交流することも意義がありますが、これからは、高齢者自身が自分たちのことは自分たちで、しっかり考えてやっていく時代です。そのためには、自主的な活動の場を立ち上げて、呼びかけのようなきっかけ作りのイベントをしようと考えました」と小野さん。今後も年に一度メインの大会を市原市市民会館で、年に数回は相談会などを開催する予定だそうです。
 第1回である今回は、家族で楽しめるプログラムを用意。医師であり登山家である今井通子氏の特別講演や、お楽しみ大抽選会も実施されます。詳細は次の通り。(米澤)

●みんなが笑顔で生きる会 10/8(祝) 11~16時10分(開場10時) 市原市市民会館大ホール 入場無料 先着1000名
・11時~長寿をお祝い:少年歓迎太鼓、子供日本舞踊、市原ふじ幼稚園園児合唱、大抽選会(チラシについた抽選券持参)
・13時~特別記念講演
今井通子(医師・登山家)テーマ「高齢者の幸せな生き方」
・幸齢者活動発表:日本舞踊、オカリナ演奏、琉球舞踊・エイサー
・人生相談コーナー:各種コミュニティコーナー、終活相談、資産運用相談等のコーナーも設置予定
・後援:市原市、市原市町会長連合会、市原市社会福祉協議会

問合せ みんなが笑顔で生きる会 平日10~16時
TEL 0436・66・2321
TEL 090・3506・9995

記念講演・今井通子氏

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る