文と絵 山口高弘

 週末の喫茶店の中。レジから長い列が入口まで続いています。コーヒーの香りの向こうから、クリスマスのBGMが少しだけ聞こえる。僕は列に並んでいました。窓から見える大きな駐車場は、ひっきりなしに車が出入りしています。街路樹が枯れている。年末か…。この前も年末だった気がするな。早かったな、今年も。
 手元のスマホでニュース記事を読んでいて、あ、と思い出しました。そういえば、『平成最後の』年末です。それにしては、みんな落ち着いている。列の前や後ろの若い人を眺めました。「新しい元号は何だろう?」「平成生まれなんてジジくさいかな」そんな雑談は、今のところ聞こえてこない。
 あの『平成』という文字がテレビの向こうで掲げられてから、もう三十年が経ったのです。映画がCGばかりになって、何もかもがパソコンで繋がって、流行は飛ぶように過ぎて消えて、大きな事件や天災が何度も起きて。いつしか『変わる』ということに、誰もが慣れてしまったのでしょう。
 「平成が終わる頃は、車が空を飛んでいるかもしれないよ」祖父が晩酌をしながら、小さい僕に笑いかけたのを思い出しました。おじいちゃん、車は空を飛ばなかったよ。その代わり、世界と一瞬で繋がれるようになった。携帯電話にテレビもパソコンも音楽もゲームも入ったもんだから、みんな掌の画面に夢中で、うつむいて歩いているよ…。
 僕の番が来て、コーヒーを注文しました。店員さんは早送りをしているような手つきで忙しく動いています。外の駐車場から、苛立った大きなクラクションの音がしました。何もかも便利で早くなったけれど、すっかり慌ただしくなった。次の時代はどうか安らかで、『平静』でありますように。

☆山口高弘 1981年市原生まれ。
小学4年秋~1年半、毎週、千葉日報紙上で父の随筆イラストを担当し、本紙では97年3月~イラストやエッセイを不定期連載。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る