文と絵 山口高弘

 週末の喫茶店の中。レジから長い列が入口まで続いています。コーヒーの香りの向こうから、クリスマスのBGMが少しだけ聞こえる。僕は列に並んでいました。窓から見える大きな駐車場は、ひっきりなしに車が出入りしています。街路樹が枯れている。年末か…。この前も年末だった気がするな。早かったな、今年も。
 手元のスマホでニュース記事を読んでいて、あ、と思い出しました。そういえば、『平成最後の』年末です。それにしては、みんな落ち着いている。列の前や後ろの若い人を眺めました。「新しい元号は何だろう?」「平成生まれなんてジジくさいかな」そんな雑談は、今のところ聞こえてこない。
 あの『平成』という文字がテレビの向こうで掲げられてから、もう三十年が経ったのです。映画がCGばかりになって、何もかもがパソコンで繋がって、流行は飛ぶように過ぎて消えて、大きな事件や天災が何度も起きて。いつしか『変わる』ということに、誰もが慣れてしまったのでしょう。
 「平成が終わる頃は、車が空を飛んでいるかもしれないよ」祖父が晩酌をしながら、小さい僕に笑いかけたのを思い出しました。おじいちゃん、車は空を飛ばなかったよ。その代わり、世界と一瞬で繋がれるようになった。携帯電話にテレビもパソコンも音楽もゲームも入ったもんだから、みんな掌の画面に夢中で、うつむいて歩いているよ…。
 僕の番が来て、コーヒーを注文しました。店員さんは早送りをしているような手つきで忙しく動いています。外の駐車場から、苛立った大きなクラクションの音がしました。何もかも便利で早くなったけれど、すっかり慌ただしくなった。次の時代はどうか安らかで、『平静』でありますように。

☆山口高弘 1981年市原生まれ。
小学4年秋~1年半、毎週、千葉日報紙上で父の随筆イラストを担当し、本紙では97年3月~イラストやエッセイを不定期連載。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る