~狛猿の神社~

五井本納線の能満バス停で下車し数分歩くと朱塗りの鳥居が見える。鳥居を潜ると一対の狛猿に会える。市原市能満に鎮座するこの「府中日吉神社」の本殿は昭和四十二年に千葉県の有形文化財に指定されている。創建されてから、数回の解体修理を繰返して来て、江戸時代の棟札に「天武天皇白鳳二癸酉歳創建云々」と記されているとのことだが創建年代は定かでない。
また境内には、元千葉県知事の沼田武氏が揮毫した「府中日吉神社昭和大修理記念の碑」がある。度重なる修理で、創建当時の三間社流れ造りから、拝幣殿が新築されたり左右の側面に縁が付いたりと、権現造りへと変貌してきた。また本殿と幣殿の屋根の繋ぎ目より雨漏りがあり、昭和六十年からの解体大改修で千葉大学の大河教授の指導のもと、本殿と拝殿を切り離し創建当時の格式と品位を保持する三間社流れ造りの形に復元された。この時併せて相殿、御輿倉、手水舎の創設も行われている。他の神社を見ると唐獅子や竜、鶴亀等の彫刻で飾られているが、この府中日吉神社には華美な建築装飾が無くすっきりした佇まいである。

市原市写真連盟 フォトサークルあゆみ
田中孝夫

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る