これぞアート!フォトスタンドをつくる

 アートいちはら2018秋!内田未来楽校では『伊丹陣屋』が開催された。『伊丹陣屋』とは、江戸時代初期に伊丹勝重が陣屋を置き統治したことに由来する。明治時代になるまで政治や治安軍事を担い、周辺に集落が形成されて商人が集っていたことが想像される。同会場は、かつて賑わっていた『伊丹陣屋』を再現しようと名付けられた。
 様々な飲食や雑貨店、ワークショップの中で注目したのは『フォトスタンド作り』。アトリエ育色工房を営む中山育美さんは、レンガを使用して作ったフォトスタンドを手に笑顔で話す。「このレンガは前回のアートいちはらで使ったものの再利用なんです。写真やメッセージカードを置くため端を削りましたが、小さい穴には花も挿せるのでオシャレですよ」。使う絵具は赤、青、黄色の3色のみ。この3色は心理的に、子ども達がキャラクターを描くよりも色を作ることに夢中にさせるのだとか。
 木更津市から訪れた親子は、「子ども達は描くまではイメージが決まっていたけれど、描き始めたら迷うみたいです。無限の世界ですね」、「すごく可愛いよ!もう夕方近くだけれど、朝からずっといるんです」と見本の作品を手に終始会話が弾んでいた。クリスマスを感じさせるようなプレゼント箱や夏の海で少女たちが泳ぐカラフルな絵。11月23日(祝)だけで、同ワークショップには20名以上が参加。様々なフォトスタンドが子ども達の手の中で彩られていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る