これぞアート!フォトスタンドをつくる

 アートいちはら2018秋!内田未来楽校では『伊丹陣屋』が開催された。『伊丹陣屋』とは、江戸時代初期に伊丹勝重が陣屋を置き統治したことに由来する。明治時代になるまで政治や治安軍事を担い、周辺に集落が形成されて商人が集っていたことが想像される。同会場は、かつて賑わっていた『伊丹陣屋』を再現しようと名付けられた。
 様々な飲食や雑貨店、ワークショップの中で注目したのは『フォトスタンド作り』。アトリエ育色工房を営む中山育美さんは、レンガを使用して作ったフォトスタンドを手に笑顔で話す。「このレンガは前回のアートいちはらで使ったものの再利用なんです。写真やメッセージカードを置くため端を削りましたが、小さい穴には花も挿せるのでオシャレですよ」。使う絵具は赤、青、黄色の3色のみ。この3色は心理的に、子ども達がキャラクターを描くよりも色を作ることに夢中にさせるのだとか。
 木更津市から訪れた親子は、「子ども達は描くまではイメージが決まっていたけれど、描き始めたら迷うみたいです。無限の世界ですね」、「すごく可愛いよ!もう夕方近くだけれど、朝からずっといるんです」と見本の作品を手に終始会話が弾んでいた。クリスマスを感じさせるようなプレゼント箱や夏の海で少女たちが泳ぐカラフルな絵。11月23日(祝)だけで、同ワークショップには20名以上が参加。様々なフォトスタンドが子ども達の手の中で彩られていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る