気持ちをこめて糸をつむぐ

 毎週水曜日に袖ケ浦市郷土博物館で活動している『機織の会』。メンバーは6名の女性で、うち5名が市内在住。会の発足から2年が過ぎた。きっかけは同博物館の館長である井口崇さんが提案した機織り体験だった。「平成3年に博物館の屋外施設として開設された万葉植物館では少量ですが綿の栽培をしています。博物館というかつての歴史を伝える場所で、機織りという伝統技術を楽しんでもらえると嬉しいです」と話す井口さん。
 体験したメンバーが興味を持ち、サークルを立ち上げた。「木更津市で活動している機織りサークルさんは技術も高く、その体験でも丁寧に指導してくれました。私達はまだ数えるほどしか作品はできていませんが、一生のうちに気にいった物を作れるようになりたいです」と話すのは、メンバーの石井英美さん。
 サークル内で一番の経験者である勝容子さんは、「今でこそ機織りは珍しいものになりましたが、明治までは日本人は着物で過ごしていたので、一家に一台機織り機がありました。家族の衣類は自分たちで揃えていましたから。東北や九州は目立った産業がなかったため、特に発展したと考えられます」と言い、メンバーからは「歴史の勉強もできるんです」という声が上がる。 一概に機織りといっても、工程は長い。綿を育て、繊維を取り出し、紡いで糸にする。糸を染め、デザインで構図を決めてから機織りをして、やっと布ができる。「人によってどの工程が好きか異なります。みんな何がやりたいのか、探っている最中です」と、勝さん。
 メンバーでは、「ふわっとするので手紡ぎの糸が好きです」、「草木染めをしたのが楽しかったなぁ」など、確かに各々好みがあるようだ。取材日の活動では、染めた5mの糸を綺麗にほぐすことに熱中。卓上機で足ふきマットや子どものベストを作ったり、機織り機を使って6名で交互に織り、半年かけて数mに及ぶピンク色の布を織りあげてきた。
 「今度はみんなで機織り機にかけるところからやってみようという話になったんです。糸は繊細なので扱うのが大変です」と、なかなか思い通りにはいかないようだ。だが、それも機織りの魅力でもあるのかも。「手がもう一本あったらいいのに!」と笑いながら糸をほどく仕草は楽しそうだ。
 普段から、機織りに関することやそれ以外のこともおしゃべりしながら続けているという同会のメンバー。「私生活でもテレビや映画で機織りに関することをやっていると目に付くようになりました」と続ける。同会では、機織りに関する情報、自宅に眠っている使わなくなった機織りの道具や部品を募集している。道具や部品については壊れていてもOKとのこと。また、一緒に活動できるメンバーも常時受け付けている。詳細は問合せを。

問合せ 袖ケ浦市郷土博物館
TEL 0438・63・0812

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 額縁の中で、少女が膝を抱えて座っている。母が子を抱いている。林はどこまでも続き、月は海を照らす。孤独、不安、慈しみ、希望。静謐をたたえる絵画…
  2. 「スマイルシンデレラ」渋野日向子選手が、42年ぶりに日本人メジャー優勝を遂げた全英オープン。パッと明るく爽やかなプレースタイルは多くの人に注…
  3.  8月16日(金)、市原市ボランティア連絡協議会(V連協)主催の『夏休み親子体験教室 つくってあそぼう』が、アネッサ(市原市姉崎保健福祉セン…
  4.  現在、市原鶴舞郵便局で開催中の『写真と資料から振り返る市原市の誕生』展。昭和38年5月1日、五井・姉崎・市原・市津・三和の5町が合併して…
  5.  夏から秋、山道を歩くと突然クモの糸に引っかかることがある。クモには申し訳ないが、その後は木の枝を手に、巣を除去しながら歩く。この季節、大き…
  6.  6月の終わり頃になると、いつもの散歩コースに『くちなしの花』が可憐な香りを漂わせて咲いています。私はそこを通るたびに花の香りに癒されて幸せ…
  7.  山武市で食育に力を入れるボランティア団体『アグリさんむ』。平成18年、4町村合併の際に成東、松尾、蓮沼の旧町村の食育グループが統合、3つの…
  8.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  9. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  10. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1. 額縁の中で、少女が膝を抱えて座っている。母が子を抱いている。林はどこまでも続き、月は海を照らす。孤独、不安、慈しみ、希望。静謐をたたえる絵画…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る