鮮やかな色彩で宇宙をイメージ

 11月23日(祝)から12月2日(日)まで開催されたアートいちはら2018秋。南市原を中心に行われた会場の中で最南端となったのは養老渓谷駅から徒歩15分の場所にあるアートハウスあそうばらの谷。築150年を超える古民家は、染織画家の西形彩庵さんの手によって鮮やかな手染め物で姿を一変させた。
西形さんは伝統技法と現代的な感覚を融合した『染織アート』スタイルを生かし、メディア出演を含めて国内外で幅広く活躍中。2016年には最年少で栃木県伝統工芸士に認定されている。23日午前11時からのオープニングレセプションでは西形さん自身が『不確かな世界の中で』という展示作品の紹介をするとあって、多くの来場者が集まった。
 暗闇に閉ざされた内部では、天井を舞うように優雅な雰囲気で飾られている織物が淡く光る。「染織は綿100%で、全体の長さは52m。色合いは先端にいくにつれて柔らかいものから激しいものへと変化しているんです。床にアクリル板を置き、光を反射させて宇宙をイメージしています。色や音、臭覚など色んな面から光を楽しんでください」と、西形さん。
参加者からは、「格子戸に光が映って神秘的です」、「本当に宇宙に落ちるような感覚が味わえました」、「前の展示と雰囲気がまるで違う。毎回、作家さんとコラボした古民家のパワーを見るのが楽しみ」など様々な声。四方で光るライトは向ける視線によって色を変え、来場者によっては足元のアクリル板に映る作品を写真に収める人の姿もあった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る