ふるさとビジター館 メジロ

メジロ

 誰もが知っている野鳥のメジロ。全国的に分布しており、1年を通して里山だけでなく街中でも容易に目にすることができる。目の周りが白いのが名前の由来だ。全長12センチほど、上面が明るい黄緑色の可愛らしい小鳥だ。メジロの大好物は、花の蜜。様々な花を飛び渡り、蜜を吸う。メジロの舌は,効率的に花の蜜をなめられるように、舌の先が細かく枝分かれして筆のようになっている。花に顔を突っ込み、花粉まみれになり、受粉の手助けもする。
 現在では鳥獣保護法により規制されているが、かつては、「忠兵衛長兵衛、長忠兵衛」と聞きなしされるテンポの良い美しいさえずりから、愛玩鳥として飼育している人が多かった。また、群れをなして木に止まる習性があり、メジロが押し合いへし合い木に止まることから、隙間なくものが並んでいる様や人込みを表現する「目白押し」の語源になったと言われている。このように、メジロは私たちに身近な野鳥だ。
 今は梅や桜のお花見の季節。綺麗な花々を堪能するだけでなく、蜜を求めて集まってくる可愛らしいメジロを観察しに出かけましょう。
(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る