ふるさとビジター館 メジロ

メジロ

 誰もが知っている野鳥のメジロ。全国的に分布しており、1年を通して里山だけでなく街中でも容易に目にすることができる。目の周りが白いのが名前の由来だ。全長12センチほど、上面が明るい黄緑色の可愛らしい小鳥だ。メジロの大好物は、花の蜜。様々な花を飛び渡り、蜜を吸う。メジロの舌は,効率的に花の蜜をなめられるように、舌の先が細かく枝分かれして筆のようになっている。花に顔を突っ込み、花粉まみれになり、受粉の手助けもする。
 現在では鳥獣保護法により規制されているが、かつては、「忠兵衛長兵衛、長忠兵衛」と聞きなしされるテンポの良い美しいさえずりから、愛玩鳥として飼育している人が多かった。また、群れをなして木に止まる習性があり、メジロが押し合いへし合い木に止まることから、隙間なくものが並んでいる様や人込みを表現する「目白押し」の語源になったと言われている。このように、メジロは私たちに身近な野鳥だ。
 今は梅や桜のお花見の季節。綺麗な花々を堪能するだけでなく、蜜を求めて集まってくる可愛らしいメジロを観察しに出かけましょう。
(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る