ふるさとビジター館 メジロ

メジロ

 誰もが知っている野鳥のメジロ。全国的に分布しており、1年を通して里山だけでなく街中でも容易に目にすることができる。目の周りが白いのが名前の由来だ。全長12センチほど、上面が明るい黄緑色の可愛らしい小鳥だ。メジロの大好物は、花の蜜。様々な花を飛び渡り、蜜を吸う。メジロの舌は,効率的に花の蜜をなめられるように、舌の先が細かく枝分かれして筆のようになっている。花に顔を突っ込み、花粉まみれになり、受粉の手助けもする。
 現在では鳥獣保護法により規制されているが、かつては、「忠兵衛長兵衛、長忠兵衛」と聞きなしされるテンポの良い美しいさえずりから、愛玩鳥として飼育している人が多かった。また、群れをなして木に止まる習性があり、メジロが押し合いへし合い木に止まることから、隙間なくものが並んでいる様や人込みを表現する「目白押し」の語源になったと言われている。このように、メジロは私たちに身近な野鳥だ。
 今は梅や桜のお花見の季節。綺麗な花々を堪能するだけでなく、蜜を求めて集まってくる可愛らしいメジロを観察しに出かけましょう。
(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  2.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  3.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  4.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  5.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  6.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  7.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  8.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る