ハーブ王子のしあわせ健康レシピ

「日本人を殺すのは簡単です。何故なら殆どの日本人は食品を買う時にラベルの表示を見ないから」。いきなり物騒な話ですが、この言葉は先日食品添加物の講習会で、講師の方が冒頭で述べた言葉です。
確かに私達はあまり表示を気にせず、それらの添加物が何の為に、一体どのぐらいの量が使われているのか?といった事はあまり考えないで食品を選んでしまっている気がします。ちなみに日本人は1日1人平均約12g、年間にすると約4・3kgの食品添加物を取っているそうです。残念ながら日本は世界一食品添加物を摂取しているのです。健康でいる為には日々の食生活に十分気をつけなければなりません。
さて今回はタイムを使ってmeat balls を作ってみました。添加物の入っていない手作りケチャップとミートボールは、誰もが安心して頂けます。

・材料
Aケチャップ:トマト缶1、ローリエ2枚、コンソメキューブ1個、黒糖大さじ1、玉ねぎ1、ニンニク1片、生姜1片、酢小さじ2、タイム小さじ2、塩胡椒適量
Bミートボール:挽肉(牛豚合挽)350g、卵1、小麦粉大さじ2、塩胡椒適量
Cトッピング:パルメザンチーズ大さじ2、タイム小さじ1

・ケチャップ作り方
1.玉ねぎ、ニンニクをスライスし、オリーブオイルを引いたフライパンでキツネ色になるまで炒める。
2. 1に残りの材料を加え、味が全体に行き渡るまで鍋で10分ほど煮る。
3.粗熱を取り、ローリエを取り出したらミキサーで細かく粉砕する。
・ミートボール作り方
1.ボウルに材料全部を入れ、粘りが出るまでよく捏ね、直径3cmほどの大きさの団子状にする。
2.170度に熱したオーブンで20分ほど加熱する。
3.ケチャップとミートボールを鍋で焦げない様、5分ほど中火で煮込む。
4.皿に3を盛り付け、Cのトッピングをして出来上がり。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る