【市原市】警察署で投票!〈電話de詐欺〉 撲滅川柳キャンペーン開催中

 市原警察署のロビーには現在、カラフルな掲示板と七夕の笹飾りが登場、来署した人たちの目を引いている。掲示されているのは市民から公募した川柳作品。同署が行っている『電話de詐欺撲滅川柳キャンペーン』で、落とし物や免許証更新などで来署した人に投票をしてもらおうと設置された。最優秀作品を決定し、詐欺撲滅に向けた情報発信に使う予定だ。
 市原警察署管内における『電話de詐欺』の認知件数は、6月末現在で19件、合計被害額は約2900万円にもなる。そのすべてが『オレオレ詐欺』で、自宅まで来た『受け子』が現金を受け取る『現金手交型』や、暗証番号を聞き出しキャッシュカードを受け取る『カード手交型』が主流となっている。さらに最近では、銀行協会などをかたった手口もある。「カードが不正に使われている可能性があり、カードの保全作業に伺う、と電話で言い、犯人が自宅まで来ます。そして残金の確認等を理由に暗証番号を聞き出し、キャッシュカードをすり替えるのです」と担当スタッフは話す。
 このすり替え方も巧妙で、被害者が出したキャッシュカードを、犯人が持ってきた封筒に入れて面前で封をし、押印を求める。被害者が印鑑を取りに行っている間に、その辺りで無料で配布されているポイントカードとキャッシュカードを入替え、封印した封筒ごと被害者に渡す。犯人はすぐに預金を引き出す、というものだ。また、『総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ』など訴訟系のハガキが来たら、それも詐欺だという。「不審なハガキ、電話、メールがあったら、ひとりで悩まず、家族や警察に相談を」とのこと。
 『電話de詐欺撲滅川柳キャンペーン』の掲示作品は全18。作品の下にシールを貼って投票する。7月31日までに来署した際は、お気に入りの川柳にぜひ投票を。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…
  2.  茂原市の東部台文化会館において昨年7月~11月、同館主催の『公式ワナゲ教室』が開催された。教室は全8回、新型コロナウィルス感染拡大の影響で…
  3.  この4年間、ハーブを使った料理を中心に話をしてきました。以前にもこのコラムの中で述べましたが、人類の誕生以来、ハーブは薬草として日常の生活…
  4.  明けましておめでとうございます。昨年は、新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界は一変しました。暗いニュースが多い一年でしたが、新しい年を迎…
  5.  大多喜町は、徳川四天王の1人で近世大多喜城初代城主となった本多忠勝によって整備された城下町だ。大多喜城とその城下町に多く残された古い家並み…
  6.  今月1月24日(日)、夢ホールプレゼンツ『新春ドリームコンサート』が夢ホール(市原市更級)にて行われます。第1部は平安時代の文学作品の朗読…
  7.  ホキ美術館は世界初の写実絵画専門美術館として2010年11月3日、千葉市緑区に開館。10周年を記念して、5月16日(日)まで『ベストコレク…
  8.  パラパラとキノコの図鑑を見ていると、様々な変わった形のものが出てきます。へー面白いなぁと名前を見て、妙に納得してしまったのがこのカブラテン…
  9.  大多喜町の『大多喜食品工房』は、地元特産のシイタケやタケノコを幅広く販売している。昨年11月9日、同社社長の千葉貞郎さんには木更津市渡辺芳…
  10.  パークゴルフは1983年(S58年) 北海道幕別町の公園で発祥したスポーツです。クラブ1本で、ボールをティーグランドからプレーしてカップに…

ピックアップ記事

  1.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る