【市原市】警察署で投票!〈電話de詐欺〉 撲滅川柳キャンペーン開催中

 市原警察署のロビーには現在、カラフルな掲示板と七夕の笹飾りが登場、来署した人たちの目を引いている。掲示されているのは市民から公募した川柳作品。同署が行っている『電話de詐欺撲滅川柳キャンペーン』で、落とし物や免許証更新などで来署した人に投票をしてもらおうと設置された。最優秀作品を決定し、詐欺撲滅に向けた情報発信に使う予定だ。
 市原警察署管内における『電話de詐欺』の認知件数は、6月末現在で19件、合計被害額は約2900万円にもなる。そのすべてが『オレオレ詐欺』で、自宅まで来た『受け子』が現金を受け取る『現金手交型』や、暗証番号を聞き出しキャッシュカードを受け取る『カード手交型』が主流となっている。さらに最近では、銀行協会などをかたった手口もある。「カードが不正に使われている可能性があり、カードの保全作業に伺う、と電話で言い、犯人が自宅まで来ます。そして残金の確認等を理由に暗証番号を聞き出し、キャッシュカードをすり替えるのです」と担当スタッフは話す。
 このすり替え方も巧妙で、被害者が出したキャッシュカードを、犯人が持ってきた封筒に入れて面前で封をし、押印を求める。被害者が印鑑を取りに行っている間に、その辺りで無料で配布されているポイントカードとキャッシュカードを入替え、封印した封筒ごと被害者に渡す。犯人はすぐに預金を引き出す、というものだ。また、『総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ』など訴訟系のハガキが来たら、それも詐欺だという。「不審なハガキ、電話、メールがあったら、ひとりで悩まず、家族や警察に相談を」とのこと。
 『電話de詐欺撲滅川柳キャンペーン』の掲示作品は全18。作品の下にシールを貼って投票する。7月31日までに来署した際は、お気に入りの川柳にぜひ投票を。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  2.  茂原市にある『ほのおか館(旧本納公民館)』で活動する本納陶芸クラブ。成形や絵付け・釉掛けの講師を担当する山本さんが設立し、約30年になる。…
  3.  仕事が休みの日の午前中は、太陽が昇るか昇らないかくらいの薄暗い、まだ肌寒い時間から庭作りを始めます。前日から明日はあれをやろう、これもやっ…
  4.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…
  5.  水が湧き出ている水路で、こんもり茂った花茎に白い小さな花がたくさん見られた。幅いっぱいに数メートルに渡って茂っている所もある。  ヨーロ…
  6.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  7. 新型コロナウイルスの感染拡大に便乗して、大手通販サイトを装ったサイバー犯罪や、買った覚えのないマスクが届く悪質商法など、様々な事件が発生して…
  8. ◇住居に入り窃取する侵入盗を防止!  今年に入り、市原市内で住居に侵入し、金品を窃取する侵入盗が散見されています。被害の多くは、ガラス…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…

ピックアップ記事

  1.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る