あなたの腰は大丈夫?【市原市】

 6月22日(土)、ちはら台コミュニティセンターで開催された『ちはら健康倶楽部』には、男1、女16の計17名が集まった。講師はちはら台で整骨院を営む浅沼浩幸さんで、『足から直す腰痛』をテーマに2時間、参加者たちは健康とは何かを学んだ。
「大切なのは身体の重心を正しく保つこと。力を入れない状態で良い姿勢でいられれば、自然な状態でバランスがとれています」と、浅沼さんは話す。そのために必要なものは、強い筋肉と柔らかい筋肉、そして柔らかい関節の3つだという。その中の1つでも乱れるとバランスが悪くなり不調を来す。「3つを手に入れるためには、運動だけでなくストレッチが欠かせません。年齢関係なく筋肉は増やすことが可能なので、一日一度は全身を動かす適度な運動と、疲れたら肉などのたんぱく質をとって回復に努めてください」と、浅沼さんはアドバイス。
 講座の後半では、参加者自身が腰痛の現状を知るためのチェックが行われた。座った状態、立った状態、ペアになった状態の3パターンで身体を左右と前後に動かし、どこで痛みを感じるか調べてメモをとる。次に浅沼さんの指示のもと、参加者たちは『ほぐすケア』をスタート。足の指先や足首を回し、ふくらはぎを親指で押してマッサージ。「さっきまで左側の腰が痛かったのになんともない!凄いですね」と、驚く参加者の女性。他、「これから暑くなりますが裸足でいたり、足を水につけたりするのは良くないですか?」など、日常生活で行えるケアについても質問が飛んでいた。次回の浅沼さんの講座『肩こりと頭痛』は9月21日に開催予定。詳細は問合せを。
問合せ:ちはら台コミュニティセンター
TEL.0436・50・2312

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  2.  茂原市にある『ほのおか館(旧本納公民館)』で活動する本納陶芸クラブ。成形や絵付け・釉掛けの講師を担当する山本さんが設立し、約30年になる。…
  3.  仕事が休みの日の午前中は、太陽が昇るか昇らないかくらいの薄暗い、まだ肌寒い時間から庭作りを始めます。前日から明日はあれをやろう、これもやっ…
  4.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…
  5.  水が湧き出ている水路で、こんもり茂った花茎に白い小さな花がたくさん見られた。幅いっぱいに数メートルに渡って茂っている所もある。  ヨーロ…
  6.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  7. 新型コロナウイルスの感染拡大に便乗して、大手通販サイトを装ったサイバー犯罪や、買った覚えのないマスクが届く悪質商法など、様々な事件が発生して…
  8. ◇住居に入り窃取する侵入盗を防止!  今年に入り、市原市内で住居に侵入し、金品を窃取する侵入盗が散見されています。被害の多くは、ガラス…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…

ピックアップ記事

  1.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る