カラフルな飴ふうせんで お寺をにぎやかに【市原市】

 7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。講師は、千葉県内を中心にイベントやお祭り、各施設を回って実演している飴細工職人の込田匡美(こみたまさみ)さん。

 縁日のような屋台のセットと衣装をまとった込田さんに、子どもだけでなく大人達の期待度も上がる。「飴ふうせんや飴細工には、水あめを煮詰めて作ったさらし飴を使います。飴細工は80度くらいに温めて柔らかい3分ほどの間に作るので、素手で触ると慣れていない人には熱く感じるでしょう」と話す込田さん。参加者達の前でいとも簡単に小さな白い鶴を作り、大きな拍手があがる。参加者が作る飴ふうせんは、ストローの先に飴をさし膨らませて作成する。子ども達の手のひらほどの大きさで、白・黄色・赤・青・緑の五色から選べるが、夏の涼しさを求めてか青が大人気!
 「ストローにさした飴は、下を向いてゆっくり膨らませてください。ある程度の大きさになったら、扇風機の前で冷まし、萎んだら同じだけの息をまた入れて膨らませて」と、込田さん。慎重に、そして優しく息を吹き込む子ども達。完成した飴ふうせんには、次に六色の食紅を使ってカラフルに装飾。さらに込田さんは、「長い時間、絵を描いていると湿気が多いのでベタベタになってしまいます。何を描くか考えておくといいよ」とアドバイス。「大人の私も、飴細工を生で見たのは初めてで嬉しかったです」、「いい夏休みの出だしになりました」と、参加者の声が聞けた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る