【体協通信】エンジョイレディースバドミントンday 公益財団法人市原市体育協会

 7月5日(金)、ゼットエー武道場にて「エンジョイレディースバドミントンday」が25ペア、50名の参加で開催された。この大会はバドミントン愛好者はもちろんのこと、始めたばかりの方にも試合を身近に経験し、同時に名前の通り、1日バドミントンを楽しんでほしいという思いが込められている。現在、日本のバドミントン界は世界でもトップクラスであり、3年前のリオオリンピック女子ダブルスでは、タカマツペアが日本初の金メダルを獲得したのは記憶に新しい。その後、人気も高まり、今まさに日本のバドミントンは勢いに乗っているといえる。
 大会は、初級者・教室参加者対象のビギナークラス、初級を卒業し、経験者(中級者)を対象にしたフレッシュクラスの2クラスに分かれ実施。ビギナークラスでは、練習した成果を発揮、身に付けた技に挑戦し、時折笑顔もこぼれ、ペアと力を合わせて楽しんでいる様子であった。フレッシュクラスでは接戦が多く、見ごたえのあるラリーが続いた。
 お昼休憩には恒例イベントの大抽選会を行い、女性に嬉しい家庭用品、タオル等が半数以上の方に当たり、「ティッシュが当たって嬉しい!」という方もいて楽しいひとときとなった。午後からは順位決定試合とオープン試合。フレッシュクラスの決勝戦は最終試合となり、参加者が見ている中、白熱したラリーや力強いスマッシュによって盛り上がる試合となった。
 バドミントンを楽しむ人の裾野が広がり活性化することは嬉しい出来事であり、大会を開催するひとつの目標でもある。どなたでも気軽に参加できる大会として定着させたいので、多くの皆様の参加をお待ちしています。結果は以下のとおり(敬称略、()内は所属)。
◇ビギナークラス 優勝:宮田麻子・江畑幸路(clover)/準優勝:青木絵里・石川敦子/第3位:渡辺咲子・柏崎千賀
◇フレッシュクラス 優勝:髙橋輝子・後藤布佐子(蕾夢)/準優勝:井上綾子・宇佐美玲子(speed/07)/第3位:岡廻律子・金子洋子(clover)、北島朱佳・常泉均美

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る