思わず食べちゃいそう! スイーツデコに挑戦【市原市】

 8月24日(土)、有秋公民館で開催された『親子スイーツデコ』。夏休み最後の週末とあって、6組の親子が思い出作りに参加した。講師は『もけい屋』を営む中森敏夫さん。8人の女児たちは、約2時間かけて小さなホールのイチゴケーキ作りに挑戦。中森さんは、「ラズベリーだけ樹脂でできていますが、他の素材は全部が紙粘土です。生クリームはプロフェッサーで水と混ぜて柔らかくした状態でポンプに入れています。柔らかすぎると垂れてしまうので、加減が大切です」と、説明する。
 すでに綺麗に生クリームが施された土台に、まずはストロベリークリームを塗る作業から。赤い粘土を少量スプーンですくい、ホールの脇につけてから水で濡らした指で伸ばしていく。そして、ポンプに入った生クリームをケーキの上部の縁を隠すように波打たせる。「ゆっくりやっていいんですよ」という中森さんの指示もあり、子ども達は慎重。「もう少し盛った方がいいんじゃない?」、「お母さん、ケーキを回して」など、相談しながらの共同作業があちこちで行われていた。
 15分ほど乾燥させた後、最後の仕上げに。中心に向かって再び生クリームをポンプで塗ってから、イチゴとブルーベリー、ラズベリーで飾り付けをする。「それぞれが作ったケーキは決して同じものはできません。みなさん可愛いですね」と、完成品を前に嬉しそうに話す中森さんは、ケーキ職人のように子ども達が持つ箱の中にケーキを入れていた。作品は10月20日(日)に開催される公民館まつりにて展示を予定している。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る