思わず食べちゃいそう! スイーツデコに挑戦【市原市】

 8月24日(土)、有秋公民館で開催された『親子スイーツデコ』。夏休み最後の週末とあって、6組の親子が思い出作りに参加した。講師は『もけい屋』を営む中森敏夫さん。8人の女児たちは、約2時間かけて小さなホールのイチゴケーキ作りに挑戦。中森さんは、「ラズベリーだけ樹脂でできていますが、他の素材は全部が紙粘土です。生クリームはプロフェッサーで水と混ぜて柔らかくした状態でポンプに入れています。柔らかすぎると垂れてしまうので、加減が大切です」と、説明する。
 すでに綺麗に生クリームが施された土台に、まずはストロベリークリームを塗る作業から。赤い粘土を少量スプーンですくい、ホールの脇につけてから水で濡らした指で伸ばしていく。そして、ポンプに入った生クリームをケーキの上部の縁を隠すように波打たせる。「ゆっくりやっていいんですよ」という中森さんの指示もあり、子ども達は慎重。「もう少し盛った方がいいんじゃない?」、「お母さん、ケーキを回して」など、相談しながらの共同作業があちこちで行われていた。
 15分ほど乾燥させた後、最後の仕上げに。中心に向かって再び生クリームをポンプで塗ってから、イチゴとブルーベリー、ラズベリーで飾り付けをする。「それぞれが作ったケーキは決して同じものはできません。みなさん可愛いですね」と、完成品を前に嬉しそうに話す中森さんは、ケーキ職人のように子ども達が持つ箱の中にケーキを入れていた。作品は10月20日(日)に開催される公民館まつりにて展示を予定している。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る