ラグビーワールドカップ2019  日本対アイルランド パブリックビューイング 9/28(土) Kick Off!【市原市】

『ラグビーの秋』がやってきた。ワールドカップ2019日本大会が開幕し、熱戦が繰り広げられている。楕円のボールは、どこにどう転がるかわからない。投げても蹴っても、持って走ってもかまわない。選手同士ぶつかって倒してもOK。最後のワンプレイで逆転も大いにあり得る。そんな迫力とスピード感があるラグビーに、今、多くの人が魅せられている。
ラグビーの観客席は(一部の例外を除いて)チームごとに区切らず、互いのサポーターは並んで観戦し、相手の好プレイにも惜しみない拍手を送る。試合が終われば敵味方関係なく健闘を称え合う。自由と激しさ、品位と尊重が共存する気持ちのいいスポーツだ。
市原市は、世界ランキング2位の強豪アイルランド代表チームの公認チームキャンプ地となっており、市を挙げてチームを歓迎するため、様々な取り組みを行っている。9月13日に行われた公式行事のチームウェルカムセレモニー(大会組織委員会主催)では、千葉県指定無形民俗文化財の『鶴峯八幡宮十二座神楽』を披露しチームを歓迎した。また、市内小中学校ではアイルランドにちなんだメニューの給食を提供。献立の一例として『コルカノン』(マッシュポテトにキャベツを加え牛乳やクリームで煮込んだもの)などの伝統料理が登場し、子どもたちが味わった。
本日9月28日は、静岡県で日本対アイルランドの試合が行われる。市原市更級の夢ホールでは、大きなスクリーンでライブ放映され、パブリックビューイングならではの臨場感や迫力、一体感を無料で楽しめる。スーパーラグビー初の日本人ヘッドコーチとして、市原市を練習拠点とするヒト・コミュニケーションズ サンウルブズの来シーズンのヘッドコーチに就任した大久保直弥氏もゲスト解説者として出演予定。会場に集まった全員で応援して盛り上がろう!

日 時:9/28㈯15:30開場、16:15キックオフ
会 場:夢ホール(市原市更級1-9-8 TTECビル1階)
参加費:無料 事前申込不要、当日直接会場へ
先着200人 ※会場内飲食禁止
問合せ:市原市スポーツ国際交流部スポーツ振興課
オリンピック・パラリンピック推進室
TEL.0436-23-9872

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  2.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  3. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…
  4. 千葉市科学館(きぼーる内7F~10F)は創設13年を迎えた現在、年間を通して新たな企画を打ち出し続けている。2007年10月に、千葉市民の…
  5.  市原市南部保健福祉センター(なのはな館・牛久377の1)では、毎週水曜と金曜と日曜の3日間、健康増進室によるストレッチ教室が開催されている…
  6.  アメリカの北東部日本語教師会では、3月末に開催する「春祭り」に合わせ、2012年から東日本大震災ほか、様々な災害などで被災した日本の高校…
  7. 「夢まるふぁんど委員会」(委員長・大澤克之助千葉日報社社長)は2019年12月19日、市原市五井の五井新田自治会館で「夢まるふぁんど文化(…
  8. シリーズ10万部、コミックエッセイ&専門家コラムで人気の「それでいい。シリーズ」の続編が昨年12月に 創元社より刊行! 今回は「パートナーこ…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る