【体協通信】未来へ羽ばたく 青少年の育成を

市原市空手道連盟は空手道の普及発展並びに市民の体力向上と青少年の健全育成を目指し、昭和48年に実業団4社および1道場の5団体により結成されました。
市原市体育協会への加盟の後、選手権大会の開催、昭和49年より市民体育大会と県民体育大会への参加、昭和50年より空手道教室を各体育施設において実施し、昭和63年よりちびっこ武道大会への参加と歴史を重ね、数多くの空手拳士を育成しています。
毎年行われる春の市民体育大会、ちびっこ武道大会、秋の選手権大会、また千葉市との交流大会などの大会が開催され、各大会とも白熱したものとなっています。最近ではテレビやインターネット上でも、空手道が来年開催の東京五輪の正式種目へと決定されている影響もあり、数多く取り上げられるようになりました。市原市空手道連盟におきましても、未来へ羽ばたく青少年の育成を目指し、加盟団体一同日々活動をしております。
最近の活動としましては、10月27日に開催される千葉県民体育大会空手道競技に向け、強化練習会を開催。加盟団体の選手が集結し、道場や流派の垣根を越え、空手道に励む仲間として共に切磋琢磨しています。
この練習会は、市原市の代表選手を選考する目的以外にも、未来の代表選手の育成も目的としています。また、県民大会においてシニアの部が設定されているため40代、50代の現役選手も増えており、大変盛り上がる練習会となっています。
県民大会当日は、普段は敵同士となる選手達が市原市の代表選手として大会へ赴き、チームを組み闘ってきます。昨年の成績を更に上回る事を目標とし選手、監督、コーチ一同頑張っておりますので、応援していただけると幸いです。
・市原市空手道連盟の活動内容や行事予定:市原市空手道連盟のホームページhttp://ichiharakarate-chiba.jp
是非、大会等にご来場いただき、空手道に少しでも興味を持っていただければ幸いです。
(市原市空手道連盟)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る