体協通信 礼と射 一体となっている競技 市原市弓道協会

 弓道は見ているとキリッとしていて、かっこいいからやってみたいけど。歩いたり、座ったり、動作が面倒くさそう。と思っている方が多いのではないでしょうか。弓道は礼と射が車の両輪のように一体となっているのです。また初めからうまくできる人などいません。現在会員は男女合わせて百五十九名、下は十六歳、上は八十四歳まで、体力に合わせて練習し射会に参加しています。
 初めての方は、市原市体育協会が主催する前期、後期と年二回、曜日別三コースある弓道教室に入られて、講師の方に就いて弓道を習ってください。教室終了後も毎週フォローアップとして指導を受けられます。また学生の頃やっていて数十年ぶりに弓道を再開された方などは、すぐに以前の勘を取り戻し稽古に励んでいます。
 弓道協会では年間行事として、毎月射会を行っています。毎回六〇人ほどの参加者を得て楽しく競技を行っております。競技内容は、的中を競う距離二十八メートル、直径三十六センチの的の近的競技、距離六十メートル、直径一メートルの的の遠的競技、また近的競技で色彩的を使う点数制などがあります。また安全上の理由から参加できるのは弓道協会会員となっていますが、弓道教室で習得し、ぜひ会員になって参加してください。県の大会にも多数参加し好成績を収めています。
 十月よりゼットエー武道場が工事の為休館となっていますが、令和二年春から再開され弓道教室も開かれます。現在弓道場が使えない為ちょっと遠いのですが、他市の弓道協会の好意で市営道場を借りて練習に励んでおります。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る