ふるさとビジター館 いちはら自然探訪

トラツグミ

 幾種類かのツグミの仲間が冬鳥として房総丘陵を訪れる。見通しの良い草地や田んぼではツグミ、日差しが差し込む明るい林ではアカハラ、少し暗い林ではシロハラ、そして、鬱蒼とした林や竹林では、トラツグミが生息する。
 トラツグミはその名の通り、黄色地に黒い斑点があり、縞々のトラ模様。大きさは30センチ。ツグミより一回り大きく、目が黒く、クリっとしている。ツグミの仲間に共通であるが、トラツグミも地面に降り、落ち葉をくちばしでひっくり返して歩き回り、ミミズや昆虫をとらえる。警戒心が強く、なかなか目にすることはできないが、林縁で採餌の場面に出会うことがある。ただ、模様が保護色で見つけにくい。
 夏季は山地や北方に移動し、夜通し「フィーーーン」と鳴く。この声が不気味に聞こえるのか、古代から伝説の怪物「ヌエ」の声と恐れられていたようで、古事記や日本書紀にも紹介されている。日本書記での源頼政の怪物退治はよく知られている。実際には、怪物ではなく、可愛らしい野鳥であるのだが…。また、この声は、大河ドラマの夜の場面の背景で流れていることがある。聞きようには悲しい声、寂しい声に響くせいであろうか、効果音として使われるようだ。房総丘陵では、なかなか聞くことができないのは残念である。
 この季節、散歩して、森の方から「ガサガサ」音がしたら、しばらく待ってみよう。ひょっこりとトラツグミが顔を出すかもしれない。
(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る