房総に根差し、質の高い歴史情報誌を発行 〈寄稿〉房総古代道研究会【市原市】

市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している「房総古代道研究会」は、令和元年12月、会誌4号『房総古代道研究(四)』を発刊しました。全国にある地方史研究の書誌の中にあって、これまでに刊行した会誌は、その内容が地域に根差した質の高い歴史情報誌であるとの高い評価を得ています。
今年は『更級日記』の作者菅原孝標女が市原の地を旅立って千年紀を迎えます。市原市にとって、『更級日記』は言うまでもなく貴重は歴史文学遺産であり、「更級日記千年紀キャンペーン」を実施中です。弊誌もその活動に協賛して、会誌3号に引き続き関連報文を掲載しました。
 また市原市には、万葉集に掲載されている数多くの防人(さきもり)の歌があります。防人は市原を含む古代の東国から北九州の沿岸防備に派遣された農民兵ですが、「防人はなぜ東国から派遣されたのか」「万葉集から読み解く防人たち旅路」という興味ある話題をとりあげました。
さらに地元の話題として、「十辺舎一九が書いた『房総道中記』」「御宿沖で遭難したスペイン提督ロン・ロドリゴと徳川家康」について、地元在住の諸先生に執筆をお願いしました。そのほかの記事も、専門書から随想的なものまで盛りだくさんです。
研究会では会誌4号(A4版60ページ)を1冊700円で一般頒布しています。お申し込みはFAXにて。セミナーも参加自由で隔月開催しています。次回は3月28日(土)。シティライフでもお知らせします。
お問合せは TEL.FAX.0436・23・1098

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る