房総に根差し、質の高い歴史情報誌を発行 〈寄稿〉房総古代道研究会【市原市】

市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している「房総古代道研究会」は、令和元年12月、会誌4号『房総古代道研究(四)』を発刊しました。全国にある地方史研究の書誌の中にあって、これまでに刊行した会誌は、その内容が地域に根差した質の高い歴史情報誌であるとの高い評価を得ています。
今年は『更級日記』の作者菅原孝標女が市原の地を旅立って千年紀を迎えます。市原市にとって、『更級日記』は言うまでもなく貴重は歴史文学遺産であり、「更級日記千年紀キャンペーン」を実施中です。弊誌もその活動に協賛して、会誌3号に引き続き関連報文を掲載しました。
 また市原市には、万葉集に掲載されている数多くの防人(さきもり)の歌があります。防人は市原を含む古代の東国から北九州の沿岸防備に派遣された農民兵ですが、「防人はなぜ東国から派遣されたのか」「万葉集から読み解く防人たち旅路」という興味ある話題をとりあげました。
さらに地元の話題として、「十辺舎一九が書いた『房総道中記』」「御宿沖で遭難したスペイン提督ロン・ロドリゴと徳川家康」について、地元在住の諸先生に執筆をお願いしました。そのほかの記事も、専門書から随想的なものまで盛りだくさんです。
研究会では会誌4号(A4版60ページ)を1冊700円で一般頒布しています。お申し込みはFAXにて。セミナーも参加自由で隔月開催しています。次回は3月28日(土)。シティライフでもお知らせします。
お問合せは TEL.FAX.0436・23・1098

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る