房総に根差し、質の高い歴史情報誌を発行 〈寄稿〉房総古代道研究会【市原市】

市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している「房総古代道研究会」は、令和元年12月、会誌4号『房総古代道研究(四)』を発刊しました。全国にある地方史研究の書誌の中にあって、これまでに刊行した会誌は、その内容が地域に根差した質の高い歴史情報誌であるとの高い評価を得ています。
今年は『更級日記』の作者菅原孝標女が市原の地を旅立って千年紀を迎えます。市原市にとって、『更級日記』は言うまでもなく貴重は歴史文学遺産であり、「更級日記千年紀キャンペーン」を実施中です。弊誌もその活動に協賛して、会誌3号に引き続き関連報文を掲載しました。
 また市原市には、万葉集に掲載されている数多くの防人(さきもり)の歌があります。防人は市原を含む古代の東国から北九州の沿岸防備に派遣された農民兵ですが、「防人はなぜ東国から派遣されたのか」「万葉集から読み解く防人たち旅路」という興味ある話題をとりあげました。
さらに地元の話題として、「十辺舎一九が書いた『房総道中記』」「御宿沖で遭難したスペイン提督ロン・ロドリゴと徳川家康」について、地元在住の諸先生に執筆をお願いしました。そのほかの記事も、専門書から随想的なものまで盛りだくさんです。
研究会では会誌4号(A4版60ページ)を1冊700円で一般頒布しています。お申し込みはFAXにて。セミナーも参加自由で隔月開催しています。次回は3月28日(土)。シティライフでもお知らせします。
お問合せは TEL.FAX.0436・23・1098

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  2.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  3. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  4.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  5.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  6.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…
  7.  来月2月11日(祝)千葉県文化会館で、千葉県在住のふたりの俳優による朗読劇が行われる。出演はプロダクション・タンク所属、見上裕昭さんと、文…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る