今年は3月13日(土)より運行開始! トロッコ列車で一足早い房総の春を体感しよう【市原市】

 2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は菜の花、秋は紅葉と季節を肌で感じながらゆっくりと美しい風景が楽しめることで人気だ。

展望車

普通車

 一番に目を引く動力車は、実は蒸気機関車の形をしたディーゼル機関車(DB4形機関車)で、小湊鉄道で古く活躍していた「C型コッペル蒸気機関車」を再現したもの。動力はディーゼルに代わってはいるが、汽笛は大正時代に走っていた蒸気機関車のものをそのまま利用している。「房総里山トロッコ」の客車は4両。中間の2両(2号車・3号車)が、トロッコ列車ならではの窓が無く、風を直接感じることができる「展望車」。
1号車と4号車は窓がありエアコンが付いている「普通車」。いずれも車内には、木製のボックスシートが並び、天井はガラス張りになっているため、車内はとても明るく開放感は抜群だ。「展望車」は窓が無いので、走行中は近くの草木がすぐ脇まで迫ってきたり、トンネル内に入ると車輪の軋む音やジョイント音が大迫力で響くなど、アトラクションの様な体験をすることができる反面、天候によっては防寒着や雨具が必要になるのでご注意を。

WEBサイト

「房総里山トロッコ」に乗車するには、乗車券のほかに区間にかかわらず「トロッコ整理券」600円(大人・小人同額)が必要となる。購入は小湊鉄道ホームページ、または電話で申し込み乗車当日に支払う形だ。空き状況により、当日券もあり。また、お得な往復運賃や1日乗り降り自由な「1日フリー乗車券」などもあるので詳細はホームページで確認を。
 運行開始時には緊急事態宣言も解除される予定なので、開放感溢れるトロッコ列車で田園風景を眺めながらのんびりと里山の春を満喫する旅に出掛けてみてはいかがだろうか。

問合せ:房総里山トロッコ専用ダイヤル
Tel.0436・23・5584
受付:10時~11時半/12時半~16時、乗車の2日前まで

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る