文学同人誌『槇』 第1回新人賞募集

 文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。44年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。
 同会は、『雪あかり』で21回千葉文学賞を受賞した農民文学作家・故遠山あきさんが、同賞受賞者や入選者に呼びかけ、同賞審査委員長で放送作家の故恒松恭助さんを顧問に迎え、スタートした会。 「文学を語り、創作し合う場」「筆者が互いに文章を通して切磋琢磨する会」として、最盛期には30数名もの会員が所属していたが、会員の高齢化が進むとともにその数も減少。入会条件であった『千葉文学賞入賞、もしくは最終選考に残った方』をのぞくことで間口を広げ、近年は会員数を増やしてきた。さらに昨年からは千葉在住の文学愛好者の集いを基にしつつ、北海道・九州などから参加する仲間を加え、活動中だ。
 昨年末には43号を発刊、今年は11月に44号を発刊予定。そこに新たな可能性を拓く埋もれた才能を発掘しようと「新人賞」作品を募集している。応募は小説であればジャンル不問、ただし未発表オリジナル作品のみ対象。原稿用紙20~30枚、冒頭に題名・氏名・住所・年齢・略歴・電話等を明記し、別紙に1200字以内のあらすじも添付する。応募資格は不問、賞金3万円。選考委員は、乾浩、岸本(下尾)静江、松葉瀬昭。7/31〆切。

 

宛先:〒289の2169 匝瑳市吉田3401の2 『槇』新人賞係
問合せ:事務局・岸本さん
Tel.0436・88・3537

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る