文学同人誌『槇』 第1回新人賞募集

 文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。44年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。
 同会は、『雪あかり』で21回千葉文学賞を受賞した農民文学作家・故遠山あきさんが、同賞受賞者や入選者に呼びかけ、同賞審査委員長で放送作家の故恒松恭助さんを顧問に迎え、スタートした会。 「文学を語り、創作し合う場」「筆者が互いに文章を通して切磋琢磨する会」として、最盛期には30数名もの会員が所属していたが、会員の高齢化が進むとともにその数も減少。入会条件であった『千葉文学賞入賞、もしくは最終選考に残った方』をのぞくことで間口を広げ、近年は会員数を増やしてきた。さらに昨年からは千葉在住の文学愛好者の集いを基にしつつ、北海道・九州などから参加する仲間を加え、活動中だ。
 昨年末には43号を発刊、今年は11月に44号を発刊予定。そこに新たな可能性を拓く埋もれた才能を発掘しようと「新人賞」作品を募集している。応募は小説であればジャンル不問、ただし未発表オリジナル作品のみ対象。原稿用紙20~30枚、冒頭に題名・氏名・住所・年齢・略歴・電話等を明記し、別紙に1200字以内のあらすじも添付する。応募資格は不問、賞金3万円。選考委員は、乾浩、岸本(下尾)静江、松葉瀬昭。7/31〆切。

 

宛先:〒289の2169 匝瑳市吉田3401の2 『槇』新人賞係
問合せ:事務局・岸本さん
Tel.0436・88・3537

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る