文学同人誌『槇』 第1回新人賞募集

 文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。44年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。
 同会は、『雪あかり』で21回千葉文学賞を受賞した農民文学作家・故遠山あきさんが、同賞受賞者や入選者に呼びかけ、同賞審査委員長で放送作家の故恒松恭助さんを顧問に迎え、スタートした会。 「文学を語り、創作し合う場」「筆者が互いに文章を通して切磋琢磨する会」として、最盛期には30数名もの会員が所属していたが、会員の高齢化が進むとともにその数も減少。入会条件であった『千葉文学賞入賞、もしくは最終選考に残った方』をのぞくことで間口を広げ、近年は会員数を増やしてきた。さらに昨年からは千葉在住の文学愛好者の集いを基にしつつ、北海道・九州などから参加する仲間を加え、活動中だ。
 昨年末には43号を発刊、今年は11月に44号を発刊予定。そこに新たな可能性を拓く埋もれた才能を発掘しようと「新人賞」作品を募集している。応募は小説であればジャンル不問、ただし未発表オリジナル作品のみ対象。原稿用紙20~30枚、冒頭に題名・氏名・住所・年齢・略歴・電話等を明記し、別紙に1200字以内のあらすじも添付する。応募資格は不問、賞金3万円。選考委員は、乾浩、岸本(下尾)静江、松葉瀬昭。7/31〆切。

 

宛先:〒289の2169 匝瑳市吉田3401の2 『槇』新人賞係
問合せ:事務局・岸本さん
Tel.0436・88・3537

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る