木々に囲まれた家で暮らしたい、理想の庭を作りたい、そんな思いで長い間ずっと温めてきた自身の夢、『森の中の家』に住まいを移してから今年の9月で2年になろうとしています。木の伐採と家を建てる以外はできるだけ自分の力でやろうと誓い、切った幹も枝も撤去せずにそのまま残してもらい、それを細かくして薪を作り、一輪車で自作の薪棚まで何度も往復しながら積み上げていきました。郵便受けや駐車場、庭の階段なども廃材や石を利用してすべて手作業。スコップを使って地面を掘り返しながら庭全体の土を入れ替え、ご近所や知り合いの庭から植物の枝を戴いてきて挿木で増やし、芝生の種を撒くために地面の小石を一つ一つ取り除いたり、それぞれの作業にかなりの労働と時間を費やしてきました。故にそれが完成した時は感慨もひとしおです。
 以前、英国のガーデニングをテーマにした映画のなかで、「最近はあまりにも人工的な庭が多すぎます。きらびやかな草花ばかりを使うのではなく、身近な至る所に生えている雑草や木々を使ってもきっと素晴らしい庭ができるはず」という言葉が心の中に響いています。お金をかけさえすれば素敵な庭が手に入れられると思いがちですが、決してそんな事はありません。どんなに小さなスペースの庭でも、あるいはベランダしかなくても素敵な自分の庭は作れるのです。「もう歳だから」と諦める必要もありません。自分のやれる範囲で思い通りの庭作りを楽しめば良いのですから。
 庭はその家の顔とも言える存在だと思います。庭を見ればその家の持ち主が一体どんな人なのか、どの様な生活をしているのか垣間見れる様な気がします。世界に一つだけの庭は完成まであと何年も何十年も、ひょっとしたら終わりがないかも知れません。誰もが心の中に自分の思い描いた庭があるはずです。庭はずっと私達の側にいてくれる、人生と共に歩むパートナーの様な存在なのです。

長谷川良二。長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る