ホキ美術館 チケットプレゼント!『STORIES│永遠の人物画展』

 千葉市緑区のホキ美術館では11月7日(日)まで、『STORIES─永遠の人物画展』を開催中。写実絵画を専門とする同館で最も所蔵が多い人物画の中から、新作を含む74点が展示されている。巡回展で長らく同館を離れていた人気作、生島浩《5:55》、島村信之《日差し》、森本草介《横になるポーズ》などが帰館。若手作家では、三重野慶の第2回ホキ美術館大賞特別賞受賞作《信じてる》、河野桂一郎の第1回ホキ美術館プラチナ大賞受賞《Annabell》も出品されている。
 人物画といっても作家によってアプローチの仕方は様々。モデルの選び方、テーマ、表現方法は多様で、作品それぞれが『ストーリー』を紡ぐ。光あふれるアトリエでまどろむ女性、川辺で遊ぶ子どもたち、50歳になった画家の自画像。描かれた人物は絵の中で永遠に生き続ける。写実絵画ならではの細密な筆致で描かれた魅力ある人物画の数々から、どんな『ストーリー』を受け取ることができるだろう。
 入館には事前予約が必要。ホームページか電話にて受け付ける。開館時間は10時~17時半。休館は火曜日(祝日の場合は翌日)。8月17日(火)は開館、25日(水)は休館。一般1830円、高校・大学生・65歳以上1320円、中学生910円、小学生以下無料。

問合せ:ホキ美術館
Tel.043・205・1500
https://www.hoki-mu seum.jp/

●プレゼント
 本展招待券を5組10名様にプレゼント。はがき、FAX、メールにて申込。郵便番号・住所・氏名・電話番号を明記の上、シティライフ編集室・ホキ美術館招待券係宛。7/26(月)必着。
宛先:〒290の0056 市原市五井4874の1
FAX0436・21・9142
メール kiji@cl-shop.com

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る