ホキ美術館 チケットプレゼント!『STORIES│永遠の人物画展』

 千葉市緑区のホキ美術館では11月7日(日)まで、『STORIES─永遠の人物画展』を開催中。写実絵画を専門とする同館で最も所蔵が多い人物画の中から、新作を含む74点が展示されている。巡回展で長らく同館を離れていた人気作、生島浩《5:55》、島村信之《日差し》、森本草介《横になるポーズ》などが帰館。若手作家では、三重野慶の第2回ホキ美術館大賞特別賞受賞作《信じてる》、河野桂一郎の第1回ホキ美術館プラチナ大賞受賞《Annabell》も出品されている。
 人物画といっても作家によってアプローチの仕方は様々。モデルの選び方、テーマ、表現方法は多様で、作品それぞれが『ストーリー』を紡ぐ。光あふれるアトリエでまどろむ女性、川辺で遊ぶ子どもたち、50歳になった画家の自画像。描かれた人物は絵の中で永遠に生き続ける。写実絵画ならではの細密な筆致で描かれた魅力ある人物画の数々から、どんな『ストーリー』を受け取ることができるだろう。
 入館には事前予約が必要。ホームページか電話にて受け付ける。開館時間は10時~17時半。休館は火曜日(祝日の場合は翌日)。8月17日(火)は開館、25日(水)は休館。一般1830円、高校・大学生・65歳以上1320円、中学生910円、小学生以下無料。

問合せ:ホキ美術館
Tel.043・205・1500
https://www.hoki-mu seum.jp/

●プレゼント
 本展招待券を5組10名様にプレゼント。はがき、FAX、メールにて申込。郵便番号・住所・氏名・電話番号を明記の上、シティライフ編集室・ホキ美術館招待券係宛。7/26(月)必着。
宛先:〒290の0056 市原市五井4874の1
FAX0436・21・9142
メール kiji@cl-shop.com

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る