スポ協通信 ~コロナ禍の中でのダンスライフ 市原市ダンススポーツ協会~

 社交ダンスに限らず、特に魅せるスポーツにおいては選手の「表情」が大きな意味をもっていますが、このコロナ禍において、すでに2年近くの間、表情の消えた寂しい限りのダンス活動が続いています。
 社交ダンスは男女ペアで組んで踊るものであり、そこにカップルとしての融合性や相手に対しての礼儀、社交性といったものが大切になってきます。 この、組むといった基本的なことが、コロナ禍では蜜との回避で出来ない状況が続きました。その為、どこのダンスサークル等でも練習には多いに悩ましい現実が続き、この2年間での練習の休止・中断で、折角始めたダンスすら止めてしまう方もいることから、サークル自体の存続すら危ぶまれるといったところもあります。
 徐々に感染状況がよくなってきているとはいえ、以前のようにあたりまえのようにカップルで組んで、表情豊かにダンスを楽しむといった状態になるにはもう少し時間がかかるのでしょうか? もともと、踊るということは歌うということと共に、人類の最も古くからの娯楽の一つであり、誰もが楽しめるものから、今やスポーツの一つとして幅が広がっています。老若男女を問わず、公民館サークルから幼稚園や小学生も楽しめるようになり、本来の「踊る」といった楽しみを享受することが出来てきています。音楽に合わせて身体を動かし、男女カップルで組むことにより社交性も求められることから、生涯スポーツとして高齢者にも推奨され、定年を迎えてから始められる方が多いのも社交ダンスの大きな特徴と言えます。
 ようやく、今年3月27日(日)には、市原臨海体育館において、3年ぶりの競技会を開催すべく準備を進めておりますが、感染予防のために無観客を予定しており、一般の方に華麗な競技ダンスを見ていただけないのが残念でなりません。来年こそは美しい音楽とともにジュニアからシニアまでの多くのダンスファンがマスクを外し、笑顔で踊られる光景が戻ることを願ってやみません。
(市原市ダンススポーツ協会・田丸浩)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る