スポ協通信 ~コロナ禍の中でのダンスライフ 市原市ダンススポーツ協会~

 社交ダンスに限らず、特に魅せるスポーツにおいては選手の「表情」が大きな意味をもっていますが、このコロナ禍において、すでに2年近くの間、表情の消えた寂しい限りのダンス活動が続いています。
 社交ダンスは男女ペアで組んで踊るものであり、そこにカップルとしての融合性や相手に対しての礼儀、社交性といったものが大切になってきます。 この、組むといった基本的なことが、コロナ禍では蜜との回避で出来ない状況が続きました。その為、どこのダンスサークル等でも練習には多いに悩ましい現実が続き、この2年間での練習の休止・中断で、折角始めたダンスすら止めてしまう方もいることから、サークル自体の存続すら危ぶまれるといったところもあります。
 徐々に感染状況がよくなってきているとはいえ、以前のようにあたりまえのようにカップルで組んで、表情豊かにダンスを楽しむといった状態になるにはもう少し時間がかかるのでしょうか? もともと、踊るということは歌うということと共に、人類の最も古くからの娯楽の一つであり、誰もが楽しめるものから、今やスポーツの一つとして幅が広がっています。老若男女を問わず、公民館サークルから幼稚園や小学生も楽しめるようになり、本来の「踊る」といった楽しみを享受することが出来てきています。音楽に合わせて身体を動かし、男女カップルで組むことにより社交性も求められることから、生涯スポーツとして高齢者にも推奨され、定年を迎えてから始められる方が多いのも社交ダンスの大きな特徴と言えます。
 ようやく、今年3月27日(日)には、市原臨海体育館において、3年ぶりの競技会を開催すべく準備を進めておりますが、感染予防のために無観客を予定しており、一般の方に華麗な競技ダンスを見ていただけないのが残念でなりません。来年こそは美しい音楽とともにジュニアからシニアまでの多くのダンスファンがマスクを外し、笑顔で踊られる光景が戻ることを願ってやみません。
(市原市ダンススポーツ協会・田丸浩)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る