親馬鹿のようですが、我が家のボーダーコリー・Emmaはとても美しく自慢の娘です。スコットランドとイングランドの境界辺りが原産の牧羊犬。この犬種にしたのは、家の庭がイングリッシュガーデンなので、それに合わせたかったから。生後2カ月から飼い始め、既に10カ月。歯も毛並みもすっかり大人のものに入れ替わりました。
 彼女が家に来てから毎日の生活習慣も変わりました。朝5時半に家の周りを散歩し、戻ると手作りの餌を作ります。夜も仕事が終わってからまた散歩し、彼女の為の食事作り。材料は肉を基本にして「マゴワヤサシイ」の豆(主に納豆の豆)、ゴマ、ワカメ、野菜、魚、椎茸、芋、それに玄米、卵、オリーブオイル、酢を少々加えたもの。肉以外は毎日自分が食べる物と同じ材料を使います。最初の頃は多くの方から、バランスの良いペットフードを混ぜた方が良いとのアドバイスを頂きましたが、やはり自分で作った物の方が材料が分かるし、添加物も一切使用しないので、安心して食べさせる事ができます。
 結果、彼女は想像していたよりも遥かに大きな身体に成長。仔犬時代は本当に世話が大変でしたが、お互いに信頼感が芽生え、気持ちも通じ合うようになってきました。散歩していると通りすがりの方々からも、その毛並みの良さを誉めてもらえます。これは彼女の腸内も同様に健康である事を物語っているはずです。
 現在日本では毎年2万匹もの犬猫が殺処分の対象になっていると聞きます。これは毎日65匹ずつ、ガス室に送られている計算になります。欧米ではペットに関する規制が厳しく、ペットショップで仔犬や子猫がショーケースの中に入れられて販売される事はありません。蜜蜂も含め、全ての生き物は私達に大きな喜びと感動を与えてくれます。預かった命なのですから大切にしなければなりませんね。

 

◇長谷川良二。長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る