ふるさとビジター館 自然探訪~独特な鳴き声 ヒクイナ~

 顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に歩き、昆虫やミミズなど小動物を捕らえる。警戒心が強く、密生した植物の陰に潜むことが多いのでなかなか姿を確認できないが、「コッ、コッ、コッ…」と連続でアップテンポしながら、戸を叩くような独特の鳴き声で存在がわかる。フクロウと並び大河ドラマの夜の効果音として使われることもあり、耳にした方もいるだろう。市原市ゆかりの菅原孝標女 『更級日記』にも「たたくとも誰かくひなの暮れぬるに山路を深く尋ねては来む」と歌われており、昔からその鳴き声が人々に愛されてきたようだ。
 水田の住宅地等への転換や圃場(ほじょう)整備などの環境変化により、1990年代以降、著しく減少し準絶滅危惧種に指定された。しかしここ数年、増加しているのでとの報告がある。房総半島では、これまで夏鳥とされ冬季の観察例はほぼなかったが、夏季・冬季ともに観察例が増えている。私も作年冬季に、市原市、木更津市の10カ所近くで観察した。休耕田の増加で、適した生息環境が増え数が増加しているのではという説の一方、冬季の分布拡大は、地球温暖化に関係し、越冬個体が北上しているのではないかという見方がある。
 憶測の域を出ない議論となっているが、見守っていきたい。
(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

 

◇ナチュラリストネット/自然を愛する仲間の集まりです。豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。 Tel.080・5183・9684(野坂)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る