毎年そうであるように、去年もあっという間に過ぎてしまった1年でした。新しいものに挑戦した事といえば、以前にもこのコラムで書いた、2月から初めて犬を飼った事が挙げられます。以前は捨てられた猫を拾って飼っていて、トイレも勝手に覚えてくれてほとんど手がかかりませんでしたが、仔犬を生後2カ月で家に迎えてからおおよそ半年間、トイレの始末や悪戯の数々に大変な苦労をさせられました。目につく物は手当たり次第に齧りつき、リビングのテーブルの四隅もすっかり齧り取られて丸くなってしまいました。ペットの専門書も何冊か読んで実践しても、上手くいかないどころか、かえって逆効果になってしまうことも…。

 育児?に疲れきった中でふと思ったのが、そういったマニュアルのようなものに頼るのを一切やめて、自分自身の今までの経験や学んできた事を信じてやってみる事でした。養蜂でも野菜でも基本は同じ、すべて自然の法則に基づいています。犬も例外ではないはずです。よく観察をし、今何を欲しているのかを見極めてから行動に移すよう試みたところ、今までの苦労がまるで嘘のようにすべてが上手く回り始めました。犬と自分自身の信頼関係が生まれた瞬間です。

 参考書や人の意見も大切かも知れませんが、自分自身で考える事がいかに重要であるかを改めて認識させられました。失敗したり遠回りをするかもしれませんが、その中から得る事は決して少なくはないはずです。

 さて、毎年年末には、お世話になった方々やごく親しい人達に手作りの詰合せを送ります。手作りは買った物の3倍の価値がある、と以前本で読んだ事がありますが、贈った相手の方に喜んで頂ければこれほど嬉しい事はありません。今回は柚子のマーマレード、洋梨のコンポート、ブルベリー&ジューンベリージャムの詰合せを贈りました。

 

◇長谷川良二。長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る